高校野球ドットコム

卒業生
宮國 椋丞

宮國 椋丞(糸満)

都道府県:
高校:
学年:
2011 年卒
ポジション:
投手
投打:
右/右
身長:
182 cm
体重:
66 kg
データ最終更新日:2012年5月15日

寸評

2010年、沖縄県ナンバーワン右腕として注目された宮國椋丞について迫っていきたい。

ストレート マックス140キロ中盤ぐらい
常時135キロ~140キロぐらい
スライダー 120キロぐらい
カットボール 130キロぐらい
ツーシーム 130キロぐらい
チェンジアップ 115キロぐらい
シンカー 115キロぐらい
カーブ  110キロぐらい
ストレートは恐らくこれぐらいのスピードが出ているだろう。ストレートはキレ型のストレートで、球威はそれほど感じない。そのため甘く入ったときはひやひやさせられるボールも少なくない。体重が乗ったときは唸らされるボールを投げ込んでいるが、まだそのストレートを投げる割合は少ない。確かにマックス147キロを計測したときのボールは凄まじいものがあったが……
変化球は多彩で、スライダー、カットボール、ツーシーム、カーブ、チェンジアップ、シンカーを確認。そこそこのキレはあるが、あくまでストレートの見せ球で、決め球と呼べるほど際立つものはない。
 球種が多くても本人はストレートを軸に押していく投球を身上にしているようで、決めにいくときは変化球で交わすことなく、ストレートで押している。
(クイックタイム)
クイックタイムは1.1秒台~1.2秒台とまずまず素早いクイックができており、牽制も上手い投手だ。
(打者の攻め)
・右打者
外角中心にストレート、スライダー、チェンジアップを投げ分ける配球。時折、ツーシームを織り交ぜながら、打たせて取る投球だ。多彩な変化球を織り交ぜてもストレートで押す投球を心掛けている。
・左打者
左打者に対しては外角中心にストレート、ツーシーム、スライダーを投げ分けて、打者を泳がして打たせて取る投球をするように見えるが、ここ一番ではインコースに「ズバッ」とついて見逃し三振を狙う投球だ。

ストレートで押していく投球ではあるが、変化球をコーナーに散らして打たせて取る投球を展開するので、投球の幅は広い。カーブ、フォークと緩急と縦の変化を使うことは少なく、それはこれからの課題か。
投球の完成度は高いのだが、決勝戦で一挙8失点を喫したが、これをどう見るか。彼の心
の隙をついて畳み掛けた打撃を評価するべきか、それとも彼の精神的なひ弱さを課題に挙げるべきか。この日の投球では判断できなかった。
(投球フォーム)

しなやかな腕の振り、肩肘の柔らかさ、遠投115メートルの強肩と身体能力は抜群で、投手として大事なものを備わっている。しかし太ももの太さ、お尻の大きさ、背筋を見ると全体的に筋力的な弱さを感じる。
ワインドアップから入る。左足を大きく引いていき、ゆったりとリフトアップに入っていく。この動作は東浜を真似たものだろうか。その後、左足を二塁方向に送りこんでいき、お尻を大きく落としていく。軸足の膝を大きく曲げるのは体重を乗せるためだろうか。テークバックの動作が綺麗で、綺麗な回旋でトップに入ることができており、肘もしっかりと上げることができている。左腕のグラブを早めに左胸に抱えて、開きを抑えており、体のブレを少なくしているように見える。それからリリースに入っていく。彼は昨年まではスリークォーター気味だったが、この冬からオーバースロー気味にしたことで、球威、球速が上がってきた。しかし腰を沈めるフォームなため、腕の振りはオーバースローであっても、それほど角度を感じないように見える。球持ちは良く、前で離すことはできている。フィニッシュを見ると、腕の振りも良く、滑らかな体重移動ができており、軸足の蹴り上げもできており、中々良いフィニッシュをしている。調子が良い時は踊るようなフィニッシュを見せており、やや一塁側に動く。フィニッシュは調子のバロメーターだといっていいだろう。

以前よりはだいぶ逞しくなったというが、まだ筋力的にひ弱く、身体能力は高くても、体格は高校生という印象。しかし土台は間違いなく良いので、うまく肉付けしていければ、間違いなく150キロオーバーは可能な投手だろう。

情報提供:2010.07.31

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。

関連選手

関連記事

選手検索

名前
高校
都道府県
学年
ポジション
投打

RANKING 人気記事