選手名鑑

吉川 大幾 (PL学園)

応援メッセージを投稿する!
吉川 大幾

吉川 大幾pro2010

都道府県:
大阪
高校:
PL学園
学年:
2011年卒
ポジション:
遊撃手
投打:
右/右
身長:
176cm
体重:
68kg
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

下記写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。

寸評
 2010年度のシーズンが始まる前から、今年の高校球界の野手の目玉は、吉川 大幾 だと言われてきた。しかし昨夏のプレーからは、私は何故彼がそこまで評価されるのかわからなかった。そして、その答えを見つけるために春季大阪大会にも足を運んでみたが、その答えは見つからなかった。そして迎えた最後の夏、私は再び彼を見に、大阪の地に赴いたのである。

(春からの変化)

 春季大阪大会から3ヶ月あまり、その時の詳しいレポートは、下記の寸評を読んで欲しい。今回は、実際に肌で感じてきた、彼の変化についてのみ触れてみたいと思う。

<変化1>

 元々遊撃手としては、将来的に厳しいかなと言う印象が強かった。しかし春~夏にかけて、だいぶそれらしくなってきている。けして図抜けてグラブ捌きが柔らかいとか、打球への反応が鋭いとか、スピード感はあるとか、地肩が凄いと言うことはない。

 しかしながら球際に強く、身の丈にあったプレーで、ソツがなり、プレーに安定感が出てきた。それでもやはりプロレベルに混ぜてしまうと、遊撃手を担うには物足りない。ただ二塁手あたりならばと言う期待感は抱かせるようになり、以前のように長打力が求められる、三塁や外野ぐらいしかできないと言う印象からは変わってきた。

<変化2>

 春までは、そのプレーへの意識が並の高校生であり、高校からプロに入るにはどうなのかな?と言う印象を受けていた。しかしだいぶその辺も変わってきたようで、試合に入って行く形も良くなってきている。それでも何かその所作を見ていると、鋭さや雰囲気と言うものは感じられず、むしろそういったものは、チームメイトの勧野 甲輝の方が、よっぽどプンプン臭ってドラフト候補らしく感じられる。ただ厳しくレベルの高い環境で揉まれてきている分、並の高校生と比べれば、プロに混ぜても戸惑いは少ないだろう。
将来の可能性
 身体は大きくはないが、ツボにはまればスタンドインできるパンチ力は秘めている。また難しい球に対しても、ボールをはじき返す技術も、高校生としては上位レベルに位置するだろう。

 ただこれは、あくまでも高校レベルの話であり、プロに混ぜてしまえば、アベレージ打者でも長距離打者でもないと言う、中途半端な位置づけになる。そういった中、守備や走塁でアピールできるほどのものがあるのか?まだ高い総合力でまとまっていれば好いが、そこまで図抜けたものは感じないと言うのが、彼を見てきた感想だ。

 そういった意味では、堂上 直倫(中日)内野手のように、プロで生き残る術を見出すには、少し時間が必要なタイプかもしれない。その特徴に欠けた堂上と比べても、この吉川はワンランク劣る印象は否めない。

 今回指名リストには入れることにするが、プロで大成するには、まだまだ乗り越えないと行けない壁は多そうだ。この選手、一軍でモノになるには、見た目以上に時間がかかるかもしれない。獲得する球団には、少し長い目で見て頂きたい!
情報提供・文:2010.10.14 PN 蔵建て男
選手名鑑トップへ戻る
【関連記事】
履正社vsPL学園【大阪府 2010年夏の大会 第92回大阪大会】
PL学園vs今宮工科【大阪府 2010年夏の大会 第92回大阪大会】
PL学園vs近大附【大阪府 2010年春の大会 平成22年度春季近畿地区高校野球大阪府予選】
福知山成美vsPL学園【2009年秋の大会 第62回近畿地区高校野球大会】
大阪桐蔭vsPL学園【大阪府 2009年秋の大会 秋季府大会】
PL学園vs履正社【大阪府 2009年秋の大会 秋季府大会】
PL学園vs興国【大阪府 2009年秋の大会 秋季府大会】
PL学園vs泉尾工業【大阪府 2009年夏の大会 第91回大阪大会】
PL学園vs布施【大阪府 2009年夏の大会 第91回大阪大会】
PL学園vs桜宮【大阪府 2009年春の大会 平成21年度春季近畿地区高校野球大阪府予選】

コメントを投稿する

大阪府地域応援スポンサー

大阪府の地域スポンサー様を募集しております。

未掲載選手掲示板未掲載選手掲示板