高校野球ドットコム

卒業生
白村 明弘

白村 明弘(慶應義塾)

都道府県:
高校:
学年:
2010 年卒
ポジション:
投手
投打:
右/左
身長:
186 cm
体重:
73 kg
データ最終更新日:2013年1月24日

寸評

 反動をつけたフォームから投げ込む140キロ後半の速球は回転数が高く、本物の速球派右腕。そんな白村について最後の夏から迫っていきたい。
(投球スタイル)
マックス 148キロ
常時130キロ後半~145キロ
スライダー 125キロ~130キロ
 ストレートの威力については2009年度の高校生の中でトップクラスだろう。
変化球はスライダーのみ。この日はストレートとスライダーのコンビネーションであった。しかし、時折スライダーが甘く入ることがあり、それを痛打されていた。
(投球の攻め)
桐蔭学園戦では速球中心の投球であった。確かに伸びのある直球なので、ねじ伏せるつもりだったのだろう。ただ夏になってくれば、速球のみで抑えられるほど甘くない。桐蔭学園の打者が、彼の速球を力負けせず、振りぬいているのをみると、やはり速球のみだけでは厳しいだろう。伸びのある直球を活かす為に変化球を交えていくのだが、スライダーのみだけではやはり厳しい。
最速148キロまで伸ばしたことは評価したいが、まだ粗削りなところが見られる。

(投球フォーム)
白村のピッチングフォームでまず目につくのはテークバックの大きさ。高校時代はこのテークバックで試行錯誤していた。

 選抜ではテークバックを小さく取った、コンパクトなテークバックであった。また、テークバックをうまく隠して投げていたので、とても実戦的なフォームをしていた。このときは、感心しながら見ていたが、夏ではコンパクトなテークバックは影を潜め、もとのテークバックを大きく取ったフォームになっていた。

 そして、テークバックを大きく取ったときに右肘がだいぶ下がり、リリースしたときに、角度も付けすぎてしまい、また左肩が下がってしまっているので、相変わらず負担の大きいフォームである。しかし、もしこれがなくなると、彼の伸びのある直球は影を潜める危険性はあり、そう簡単に矯正できるものはない。しかし、消耗しやすいフォームなので、アフターケアをしっかりやらないと、球速が急激に下がる可能性も否定できない。

将来の可能性

 長く慶應の投手を見てきたが、速くて伸びのあるストレートを投げる才能はピカイチだった。しかしストレートを生かすために、投球術で試行錯誤を続けてきたが、最後の夏では満足いくピッチングができずに終わった。

 だが、これからも粘り強く取り組み、恵まれた才能を開花させてほしい。

情報提供:2019.02.19

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。

関連選手

関連記事

選手検索

名前
高校
都道府県
学年
ポジション
投打

RANKING 人気記事