高校野球ドットコム

髙尾 響
プロ志望届提出者リスト

髙尾 響(広陵)

都道府県:
高校:
学年:
1 年
ポジション:
投手
投打:
右/右
データ最終更新日:2022年11月14日

関連選手

プロ志望届提出選手

チームメイト(高校)

その他の関連選手

1年生ながらエース抜擢の経験も 広陵の1年生右腕・髙尾 響の成長に期待




 明治神宮野球大会の初戦で東海大菅生(東京)に勝利して、ベスト4入りを果たした広陵(広島)。主軸・真鍋 慧内野手(2年)に高校通算48本目となる1発が飛び出すなど、準決勝に向けて弾みがつく快勝だった。この試合に2番手で登板した髙尾 響投手(1年)には、入学してまだ2か月ほどでエースナンバーを背負ったという逸話がある。

 直球は最速140キロ中盤だが、体で右腕を上手く隠して、リリースの瞬間だけ右腕を振り切る。鋭く振り下ろすことで、スピンが利き、縦に大きく曲がるスライダー系の変化球も鋭い。飯塚ボーイズ時代は、172センチ、68キロとがっちりした体格だったが、広陵に入学し、さらに下半身が太くなった印象を受ける。

 その下半身の使い方は、適度に膝を曲げて上手く地面に力を伝えて投げているのが印象的。角度はあまりないが、全身のパワーを利用して球威や球質で押していける投手だった。

 今大会は背番号11を付けているが、秋の県大会ではエースナンバーを渡されたことがあるのだから、その実力は首脳陣からも信頼されているものだろう。今大会でさらにアピールを続け、2年生の春以降の飛躍に結び付けることを期待したい。

情報提供:2022.11.19
  • 2022 年 11 月

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。

関連記事

選手検索

名前
高校
都道府県
学年
ポジション
投打

RANKING 人気記事