選手名鑑

水沼 和希 (作新学院)

応援メッセージを投稿する!
水沼 和希

水沼 和希

都道府県:
栃木
高校:
作新学院
学年:
2013年卒
ポジション:
投手
投打:
右/左
身長:
176cm
体重:
68kg
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
寸評
 右打者の懐をえぐるようなシュートを売りとする右のサイドハンド。粒ぞろいの作新学院で最も活躍を見せ、8強入りへ大きな原動力となった。

(投球内容)
 ベース幅を広く使う投手。横の変化球を中心に揺さぶっていき、内野ゴロを打たせていく投手。投球のテンポが早く、守っている側からすれば守りやすさを感じる好投手だ。

 右スリークォーターから投じる直球は常時130キロ~137キロを計測。速球のスピードは右投手とそれほど速くないが、淡々と両サイドへ投げ分ける、彼最大の武器は右打者の懐をえぐるようなシュートボールだ。シュートもストレートとほぼ変わらない135キロ前後で曲がっている。スピードで内角を抉るのだから、右打者にとっては厄介。内角だけではなく、右打者の外角にも120キロ台のスライダーを織り交ぜ、内外角で揺さぶる投球を得意とする。

 左打者には110キロ台のシンカー、120キロ台のツーシームを織り交ぜ、タイミングを外す投球を得意とする。スライダー全盛の今の野球界においてシュートを武器にする右投手は久しぶりに表れたのではないだろうか。
 
クイックは1.1秒台と素早いクイックを披露。フィールディングの動きも率なくできている。

(投球フォーム)

 ノーワインドアップから始動する。左足を胸の近くまで引きあげていきながら、右足はバランス良く立つことが出来ている。左足を三塁方向へ伸ばしていきながら、重心を下げていく。ステップ幅はやや狭いが、前足を送り込んで着地に粘りを持たせようとする意識が見られる。腰の動きをみると横回転で、縦系の変化球を投げるには適しておらず、サイドスローの腰の使い方だ。サイドスローのためやや開きが早くなっているのが見受けられるが、それを隠す為に小さくテークバックを取っていきながら、リリースに入る。腰の回転と腕の振りが連動し、半身になった状態から振り出すため、打者からすると急激にボールが出てくる感覚ではないだろうか。

 彼が素晴らしいのはリリース。打者寄りで、そして自然なポイントで離すことが出来ている。いわゆる球持ちが良い。精度の高いシュートを投げ込むことが出来ているのは肘が立って、打者寄りでリリースすることができているからであろう。最後のフィニッシュでは膝が突っ張ってしまい、身体が流れているのが気になった。


将来の可能性
 自分は何が武器なのかを見出し、どうすれば抑えるかを考えて投げることができている。シュートを習得したことで、投手として大きく成長を見せたのではないだろうか。大学でもシュートを武器にする投手は中々いないので、重宝されるタイプであることは間違いない。

 進学先は存じないが、これからも野球を続けて、得意のシュートを持ち味に、大学でも存在感を示してほしい投手だ。
情報提供・文:2012.12.04 河嶋 宗一
選手名鑑トップへ戻る
【関連記事】
東海大甲府vs作新学院【第94回全国高校野球選手権大会】
作新学院vs仙台育英【第94回全国高校野球選手権大会】
作新学院vs立正大淞南【第94回全国高校野球選手権大会】
作新学院vs佐久長聖【第94回全国高校野球選手権大会】
作新学院vs宇都宮工【栃木県 2012年夏の大会 第94回選手権栃木大会】
作新学院vs関東一【2012年春の大会 第64回春季関東地区高等学校野球大会】
作新学院vs南稜【2012年春の大会 第64回春季関東地区高等学校野球大会】
鳴門vs作新学院【2012年春の大会 第84回選抜高校野球大会】
作新学院vs倉敷商【2012年春の大会 第84回選抜高校野球大会】
浦和学院vs作新学院【2011年秋の大会 第64回秋季関東地区高等学校野球大会】

コメントを投稿する

未掲載選手掲示板未掲載選手掲示板