選手名鑑

漆原 広樹 (天理)

応援メッセージを投稿する!
漆原 広樹

写真のご提供をお願いしております。こちらまで
※他メディアからの写真は掲載できません
※受付確認メールが届かない方は、ドメイン指定受信で info@hb-nippon.com のご指定をお願いします。

漆原 広樹

都道府県:
奈良
高校:
天理
学年:
2013年卒
ポジション:
投手
投打:
右/左
身長:
183cm
体重:
79kg
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
寸評
 控え投手だが、実に恵まれた体格から投げ込む右腕。この恵まれた体格を活かす技術が身に付けば、剛球右腕へ変貌する可能性を秘めている。

 右オーバーから投じる速球は常時135キロ前後を計測。これほど恵まれた体格ならば140キロ台を叩きだしてもおかしくないが、体全体のパワーを伝えてきれていないのは勿体無い。変化球は100キロ前後のカーブ、110キロ前後のスライダーを投げる。主に縦に割れるカーブを武器とし、緩急を付けた投球を得意とする。

 クイックは1.20秒前後で標準のクイックができている。フィールディング、牽制の技術については分からなかった。
(投球フォーム)

 セットポジションから足を上げるまでの姿は山本 竜也とそっくりだが、足を降ろしてからの粘りがなく、上半身の回旋の軌道がぎくしゃくしていて、勿体無さを感じるフォーム。テークバックを上げる時に上体が浮いた状態になってしまい、体の近い軌道で腕を振ることが出来ず、適正なリリースポイントで放ることができない。特にストレートのコントロールが安定しない。

 馬力という点では山本 竜也とさほど変わらないが、腕の回旋がスムーズで、強く腕が振れる山本と違って、まだ彼はぎくしゃくしている。もう少し下半身の柔軟性を高め、そこから上半身と下半身が連動していくとストレートのスピードも変わっていくのではないだろうか。
将来の可能性
 まだ本格化していないが、恵まれたポテンシャルを活かすフォーム技術を習得できれば、常時140キロの到達も可能な逸材だ。次のステージでも続けるならば、環境にとらわれず、志を高く持って取り組み、数年後、大きく化けたと思わせる投球を見せることを期待したい。
情報提供・文:2012.08.26 河嶋 宗一
選手名鑑トップへ戻る
【関連記事】
県立岐阜商vs天理【2012年 第67回ぎふ清流国体】
大阪桐蔭vs天理【第94回全国高校野球選手権大会】
大阪桐蔭vs天理【第94回全国高校野球選手権大会】
天理vs浦和学院【第94回全国高校野球選手権大会】
天理vs浦和学院【第94回全国高校野球選手権大会】
天理vs鳥取城北【第94回全国高校野球選手権大会】
天理vs宮崎工【第94回全国高校野球選手権大会】
天理vs畝傍【奈良県 2012年夏の大会 第94回選手権奈良大会】
天理vs郡山【奈良県 2012年夏の大会 第94回選手権奈良大会】
智辯学園vs天理【奈良県 2012年春の大会 平成24年度春季奈良県大会】

コメントを投稿する

未掲載選手掲示板未掲載選手掲示板