高校野球ドットコム

選手名鑑

内野 聖士郎 (創価)

応援メッセージを投稿する!
内野 聖士郎

内野 聖士郎

都道府県:
東京
高校:
創価
学年:
2014年卒
ポジション:
投手
投打:
右/右
身長:
179cm
体重:
75kg
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

下記写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。

寸評
 エース池田 隆英の負傷のためこの夏、3試合に先発した2年生右腕。体格的にはスケール感漂うものはないが、小気味良い腕の振りから130キロ後半の速球、曲がりの大きいスライダーを武器にする投手で、秋以降も注目される一人ではないだろうか。

 (投球内容)
 右スリークォーターから投じる直球は135キロ前後。最速では138,9キロを計測しており、しっかり腕が振れた時のストレートは中々のスピードを計測している。コントロールを意識した投球が出来ており、外中心にきっちりとコントロール出来ている。起用されるごとに周りが見えるようになってきたのか。置きにいくのではなく、しっかりと腕が振れた上で投げるストレートがコントロール出来るようになったのが大会に入ってからの成長点ではないだろうか。

 変化球はスライダー、カーブ、チェンジアップの3球種。打者のタイミングを外すことを心掛け、コーナーに散らしていきながら、狙い球を絞らない配球。標準の制球力があり、この秋は実戦派投手として都内でも勝ち上がっていけるモノは感じさせてくれた。

 クイックは1.2秒前後と率なくこなしているが、最大の課題はフィールディングで、特にベースカバーが怠る事が多い。ベースカバーを怠って内野安打にするということは自ら傷口を広げるということ。ベースカバーの意識を高めて、投球以外の技術も高めてほしい。

(投球フォーム)
 ノーワインドアップから始動し、左足を頭上の近くまで上げていき、真っすぐ立たせていく。重心を下げる時に軸足を折り曲げながら、左足を二塁方向へ送り込んでいきながら、沈み込んでいき、前膝の着地はやや遅く、着地にも粘りがある。踏み出し足は開かずに着地することが出来ており、重心移動は真っすぐ向いている。

 ただ惜しいのはグラブが正対し、左肩の開きが早いフォームになってしまっており、出所が見やすくなっている。テークバックは右肘を折り畳むように取っていきながら、リリース。腕の振りはスリークォーターだが、体全体を回旋させて横振りになっているので、サイドの投手と認識してもおかしくない。

 捻りを入れて、ステップ幅が狭く、後ろ足に体重がかかっているので、前足にはぐっと体重が乗ることはない。彼の場合、肘の位置が下がらずに適正な位置でボールを離せるかが勝負になりそうだ。
将来の可能性
 ピッチングはある程度組み立てている事が出来ていて、球速も標準以上のものがある。夏の大会の経験により余裕を持って投げられるようになっていたので、秋では主戦投手として十分に活躍が期待できそうな投手だ。ただ来年のドラフト候補になると、投球スタイル、投球フォーム、体格から考えてプロ好みするような投手ではなく、あくまで大学・社会人を経てからプロを狙っていく投手になっていく予感がする。

 創価のエースとして勝敗を決する緊迫した場面を遭遇することになっていくだろう。その場面を凌げる精神的な強さを身につけられるかが創価躍進のカギになっていくのではないだろうか。
情報提供・文:2012.07.30 河嶋 宗一
選手名鑑トップへ戻る
【関連記事】
日大三vs創価【東京都 2013年夏の大会 第95回選手権西東京大会】
創価vs東海大菅生【東京都 2013年夏の大会 第95回選手権西東京大会】
創価vs都立立川【東京都 2013年夏の大会 第95回選手権西東京大会】
日大鶴ヶ丘vs創価【東京都 2013年春の大会 春季大会 本大会】
創価vs岩倉【東京都 2013年春の大会 春季大会 本大会】
早稲田実業vs創価【東京都 2012年秋の大会 秋季東京都高等学校野球大会本大会】
創価vs日大三【東京都 2012年秋の大会 秋季東京都高等学校野球大会本大会】
創価vs明大中野八王子【東京都 2012年秋の大会 秋季東京都高等学校野球大会本大会】
日大三vs創価【東京都 2012年夏の大会 第94回選手権西東京大会】
創価vs國学院久我山【東京都 2012年夏の大会 第94回選手権西東京大会】
コメント (2)
甲子園2013.05.20 東大和市在住
内野君!夏の大会頑張ってください。
内野君の試合中にたまに見せるあの笑顔は素敵です!
私を甲子園に連れて行ってください!
ずっと応援してます♥
強い壁の作りで、良いフォームですね!2012.09.20 八木 眞士
お話しで理解した限りでは、左足の使い方が、前の巨人の槙原投手を連想しました。子供達の投手に多く見られるフォームですが、かなり体を捻るので、強力な筋力と柔軟性が無いとコントロールと、走者にスタートが切られり易い難題?、が有る様です。私事で恐縮ですが、元巨人の桑田投手がpl学園時代の投球ホームでの、左足の使い方をお勧めしたいですね。左足は軽く上げるやいなや、必ず膝を伸ばし、同時に右足膝を折り、右足に充分体重を乗せ、左足首の踵を捕手に向けて体重移動し、ぎりぎりで一瞬左足の向きを、必ず右バッタボッスの前角を向け踏み出す。腰のためも充分に出来ます。クイックもより素速く出来ます。左肩を右打者に向けながら、肩は平行にして、足を踏み出す事で、上半身の壁も充分出来ます。是非一度トライして見て頂きたいですね。 追伸、以前元西部ライオンズの、東尾様よりアドバイス頂いたものです。ご活躍をお祈りしています。

コメントを投稿する

東京都地域応援スポンサー

東京都の地域スポンサー様を募集しております。

未掲載選手掲示板未掲載選手掲示板