選手名鑑

木部 拓実 (帝京)

応援メッセージを投稿する!
木部 拓実

木部 拓実

都道府県:
東京
高校:
帝京
学年:
2013年卒
ポジション:
投手
投打:
右/左
身長:
182cm
体重:
76kg
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
寸評
 今年の東東京ではNO,1投手と呼べるのが木部 拓実。常時140キロを計時するストレートに、多彩な変化球を投げ分けることが出来る投手が、控えに存在する帝京の選手層の厚さは毎年素晴らしい。大学・社会人では即戦力となる投手ではないだろうか。

(投球スタイル)
ストレート マックス147キロ
常時140キロ~145キロ
スライダー 120キロ前後
カーブ 110キロ
フォーク 130キロ前後

 鋭い腕の振りから投じる直球は常時140キロ~145キロを計測。コンスタントに140キロ台を計時しており、スピード能力は高く、ミットまで突き刺さる球威はドラフト候補クラス。打者の手元で鋭く曲がるスライダー、フォーク、カーブを投げ分けており、変化球の精度も高く、一つ一つの球の精度の高さはかなり高く、これほどの投手が控えにいるのが何度も繰り返すが、帝京の投手陣の層の厚さを物語っている。甲子園に出場していれば、もっと目についた投手かもしれない。

 コントロールはまずまず安定しており、内外角にしっかりと投げ分ける制球力もあり、変化球のコントロールも安定しているので、打者に狙い球を絞らせない投球が出来れば、全国クラスの学校でも彼を打ち崩すのは難しいのではないだろうか。それだけボールの質は高い。ただ一本調子な配球をする傾向があり、打ち込まれてからという修正するパターンが多く、ここら辺の危機回避能力が高まればこの投手はさらに打ち崩しにくい投手になっていくのではないだろうか。


(投球フォーム)
 
 セットポジションから始動する。左足を胸の近くまで引きあげていき、右足の膝を適度に伸ばしてバランス良く立つ。左足をショート方向へ伸ばしていきながら、重心を少しずつ下げていき下半身を先行した状態で、重心移動を行って着地する。左腕のグラブを斜めに伸ばしていきながら、開きを抑えていき、テークバックは内回りの回旋をしていきながら、しっかりとトップを作って肘を上げている。

 胸郭を上手く使って、しっかりと胸を張って、鞭をしならせるように鋭く振っていく。前足にしっかりと体重を乗せて、左足を強く蹴りあげることができている。打者寄りでリリースすることができており、体の近くで腕を振ることができており、リリースポイントも安定している。

 上半身と下半身をしっかり連動させて、鋭く腕を振る形が出来ており、フォームの土台は良い。
将来の可能性
 投球内容、フォーム技術と能力的には東東京NO,1と呼べる実力があり、伊藤 拓郎山﨑 康晃と比較してもそん色ないのではないだろうか。これほどクオリティが高い投球をもっと早い時期に見せて入れば、注目度は違っていたのかもしれない。

 いずれにしろ大学最高峰の東都・東京六大学でも即戦力として活躍出来る活躍は十分に備わっているので、大学に進んだ場合、4年間でしっかりと能力を高め、ドラフト上位候補に取り上げられる存在になることを期待したい。
情報提供・文:2012.08.27 河嶋 宗一
選手名鑑トップへ戻る
【関連記事】
国士舘vs帝京【東京都 2012年夏の大会 第94回選手権東東京大会】
帝京vs駒大高【東京都 2012年夏の大会 第94回選手権東東京大会】
帝京vs都立葛飾野【東京都 2012年夏の大会 第94回選手権東東京大会】
帝京vs修徳【東京都 2012年夏の大会 第94回選手権東東京大会】
健大高崎vs帝京【2012年春の大会 第64回春季関東地区高等学校野球大会】
帝京vs春日部東【2012年春の大会 第64回春季関東地区高等学校野球大会】
帝京vs東海大高輪台【東京都 2012年春の大会 春季大会 本大会】
帝京vs東亜学園【東京都 2012年春の大会 春季大会 本大会】
帝京vs二松学舎大付【東京都 2012年春の大会 春季大会 本大会】
帝京vs都立片倉【東京都 2012年春の大会 春季大会 本大会】

コメントを投稿する

未掲載選手掲示板未掲載選手掲示板