高校野球ドットコム

岡本 陸

岡本 陸(専大松戸)

都道府県:
高校:
学年:
3 年
ポジション:
投手
投打:
右/右
球速:
144 km
身長:
178 cm
体重:
76 kg
データ最終更新日:2021年5月3日

レポートより抜粋>
 選抜甲子園を終えてから、最初の公式戦となった専大松戸。
 先発マウンドには背番号11の岡本 陸が上がり、この岡本がエース・深沢 鳳介との「二枚看板」に名乗りを挙げる好投を見せた。

 「初戦で固さがあったので、初回は意識した」と振り返るように、いきなり144キロを計測するなど序盤から飛ばした。直球は常時130キロ台後半、スライダーなどの変化球でカウントを整える器用さも見せ、ランナーは出すものの銚子商打打線に得点を与えない。

岡本は3回以降は変化球中心の配球に切り替え、銚子商打線に的を絞らせない。
 「スタミナ不足を自覚しないと」と語るように、7回頃からは球威が落ちて中舘 宙にマウンドを譲ったが、それでも7回を投げて5安打無失点、6奪三振は大きな自信となっただろう。試合は専大松戸は5対0で勝利し、3回戦進出を決めた。

 試合後、専大松戸の持丸修一監督は「岡本は春のキーマンです。深沢に次ぐ投手陣がいないと夏を戦うことは出来ません。後半はバテましたが、まずまずの投球です」と語り、岡本の投球を評価した。

 またキーマンに指名された岡本も、この春に懸ける並々ならぬ思いを口にした。
 「甲子園でも投げたい気持ちはありましたが、深沢で負けたことでとても悔しい思いをしました。成長した姿を見せたかったので、この春の大会に懸ける思いは強いです。今日はスピードは出ましたが、次はチームに流れを持ってこれる投球をしたいと思います」

 深沢頼みの側面も垣間見えていた専大松戸だが、岡本の台頭はチームにとって大きな材料だ。次戦以降も注目だ。

情報提供:2021.04.29
  • 2021 年 4 月

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。

関連選手

チームメイト(高校)

その他の関連選手

関連記事

選手検索

名前
高校
都道府県
学年
ポジション
投打

RANKING 人気記事