高校野球ドットコム

井坪 陽生
プロ志望届提出者リスト

井坪 陽生(関東一)

都道府県:
高校:
学年:
3 年
ポジション:
外野手
投打:
右/右
身長:
177 cm
体重:
90 kg
データ最終更新日:2022年10月13日

関連選手

プロ志望届提出選手

チームメイト(高校)

その他の関連選手

関東地区トップクラスの外野手!関東一の大型外野手の指名は実現するのか?




 今年の高校生を代表する外野手で、関東地区ではトップクラス評価を受けた井坪 陽生外野手(3年)の将来性について考えていきたい。

(打撃)

 強打者でありながら、コンタクト力は高い。広角に本塁打が打てる能力もある。甲子園出場はできなかったが、今年の高校生の右打ち外野手ではトップクラスの能力がある。

 構えは時期によって変わっている。関東大会ではスクエアスタンス気味だったが、横浜高(神奈川)との親善試合では、クローズスタンス気味になっていた。ただ、共通するのはスタンスの幅は狭く、バットを立てて構えているのが特徴的だ。


 投手の足が降りたところから始動を仕掛けていき、小さく足を上げて真っ直ぐ踏み込んで打ちに行く。


 トップの動きを見ていくと捕手側方向へ引いていきながら、トップを形成し、インサイドアウトのスイングを心掛け、球を捉える意識が見られる。


 打てるポイントが広く、内外角高めの変化球を逃さずに打ち返す技術は高い。


(守備・走塁)


 守備・走塁重視の関東一で中堅手を任されているということもあって、やはり1歩目の反応は速く、守備範囲は高校生としては上級。特に注目したいのはスローイング。投手としても140キロを超え、外野からの返球には力強さがあり、正確性も兼ね備えている。


 走塁も鍛えられている。ベースランニングも軽快で、二塁到達は8秒10と、突出したタイムではないが、迷いがなく遅さを感じない。果敢に次の塁を狙う姿勢も見え、二塁打、三塁打を多く記録できる選手になりそうだ。

将来の可能性

 打撃面の完成度は高校生の中では高く、甘く入った球に対しての嗅覚の鋭さがある。高確率で本塁打、長打ができるのもその点にあり、速球、変化球レベルが上がる次のステージでもその反応の良さは強みにしてほしい。


 さらに守備・走塁も高レベルで、きめ細かい関東一の野球で揉まれてきたことを実感する。ポテンシャルが高い野手の中でも基礎的なことを教わった選手なので、使いやすい選手ではないか。NPB球団はどのような評価を下すのか、興味深い。

情報提供・文:2022.10.18  河嶋 宗一

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。

関連記事

選手検索

名前
高校
都道府県
学年
ポジション
投打

RANKING 人気記事