選手名鑑

能登 嵩都 (旭川大高)

応援メッセージを投稿する!
能登 嵩都

写真のご提供をお願いしております。こちらまで
※他メディアからの写真は掲載できません
※受付確認メールが届かない方は、ドメイン指定受信で info@hb-nippon.com のご指定をお願いします。

能登 嵩都

都道府県:
北海道
高校:
旭川大高
学年:
3年
ポジション:
投手
投打:
右/右
身長:
183cm
体重:
70kg
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
短評
観戦レポートより抜粋(2019年8月7日
 旭川大高のエース・ 全国レベルの好投手だった。左腕のグラブを高々と掲げた投球フォームから繰り出す直球は常時135キロ~141キロを計測。両サイドに決まっておりコントロールも安定している。

 非常に良かったのはスライダー。スライダーもバリエーションが豊富で、125キロ前後のスライダー。縦に落ちる120キロ前後のスライダーは狙い球に絞っていてもなかなか当たらない軌道で打ちにくさがある。このスライダーはただ右打者の外角へ投げるだけではなく、左打者の外角ボールゾーンからストライクゾーンに入る「バックドア」を使ったり、右打者には内角のボールゾーンからストライクゾーンに入る「フロントドア」を使う。

 能登は「ベース際で曲げることと、打者の内側に曲げる練習は冬場からずっと繰り返し練習してきました」
 つまり、意図的に投げられるのだ。高等なスライダー使いである。さらに、120キロ中盤のチェンジアップ。シンカー気味の軌道を描いて落ちていく。このチェンジアップで次々と星稜打線から空振りを奪った。

 このチェンジアップを投げるポイントは「ストレートと同じ腕の振り」で投げること。春の全道大会ではチェンジアップをうまく投げ切れなかった悔いから粘り強いピッチングを求め、さらにピッチングの精度を1つずつ高め、大舞台の快投につながった。

 敗れはしたが、「チェンジアップ、スライダーがうまく投げられたことは自信になった」とやり切った表情で答えた能登。大学進学してプロを目指す能登。ますます見逃せない投手だ。
情報提供・文:2019.08.07 河嶋 宗一
選手名鑑トップへ戻る
【関連記事】
星稜vs旭川大高【第101回全国高等学校野球選手権大会】
札幌第一vs旭川大高【北海道 2018年秋の大会 第71回秋季北海道高校野球大会】
佐久長聖vs旭川大高【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】

コメントを投稿する

未掲載選手掲示板未掲載選手掲示板