選手名鑑

青池 亜侑武 (都立篠崎)

応援メッセージを投稿する!
青池 亜侑武

写真のご提供をお願いしております。こちらまで
※他メディアからの写真は掲載できません
※受付確認メールが届かない方は、ドメイン指定受信で info@hb-nippon.com のご指定をお願いします。

青池 亜侑武

都道府県:
東京
高校:
都立篠崎
学年:
3年
ポジション:
投手・中堅手
投打:
右/右
身長:
183cm
体重:
78kg
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
短評
試合レポートから抜粋

その中心選手である青池 亜侑武(3年・右投げ右打ち・183センチ78キロ)が活躍を見せた。先発マウンドに立った青池は角度ある125キロ前後の速球と110キロ近い曲がりが鋭いスライダー、カーブを低めに集め、初回に2三振を奪う快投。これで勢いに乗った青池は第1打席で遊撃手を襲う鋭い打球を放ち、一死一、二塁とチャンスを広げると、4番・須藤珠稀也(2年・179センチ85キロ・右投げ右打ち)が高めに入る直球を逃さず、センターの頭を超える二塁打で二者生還し、2点を先制した。

 ここから青池は「調子が上がっていく感じがしました」と110キロ近いスライダーが冴えわたり、奪三振ラッシュ。球速はそれほど速くないのだが、打者の手元で鋭角に曲がっていくので、思わず空振りをしてしまう。このスライダーを投げるコツについて指先で切るイメージで投げており、今年の春に完成させた。

 そして打撃でも再び見せ場を作る。4回裏、1点を追加して、打席に立った青池は高めに入ったストレートを逃さず、公式戦初本塁打となる特大2ランを放ち、5対0と突き放した。これで高校通算23本塁打目だが、初めてのホームランは昨年のゴールデンウイークからで、1年2か月ほど23本塁打を打っていることになる。青池は「そのゴールデンウィークの初本塁打で、もっと遠くへ飛ばしたい、打撃を突き詰めていきたいと思うようになり、体の使い方を意識するようになりました」と、山川穂高の打撃スタイルを参考にして長打力を磨いてきた。少し重心を下げて、振り幅が大きいスイングはまさにスラッガーの打ち方。楽しみな打者が出てきた。ちなみにこの日は青池の父の誕生日で、大会前から本塁打を約束。有言実行を果たした。
「父は野球を始めたときから、バッティングセンターに連れてもらったり、進路についてもアドバイスをもらったので、打ててよかったと思います」と笑顔を見せた。

 ピッチングの精度も高まり、「大事にしている外角ギリギリのストレートへコントロールできていた」と語るように最速127キロのストレートが低めに決まり、さらにスライダーのコンビネーションも抜群で、5回を投げて、9奪三振、無失点の快投だった。
情報提供・文:2019.07.08 河嶋 宗一
選手名鑑トップへ戻る
【関連記事】
都立篠崎vs渋谷教育学園渋谷【東京都 2019年夏の大会 第101回選手権東東京大会】
國學院久我山vs都立篠崎【東京都 2019年春の大会 春季東京都高等学校野球大会】
都立篠崎vs成立学園【東京都 2019年春の大会 春季東京都高等学校野球大会】
都立江戸川vs都立篠崎【東京都 2018年夏の大会 第100回選手権東東京大会】
都立篠崎vs都立荒川工【東京都 2018年夏の大会 第100回選手権東東京大会】
都立篠崎vs都立府中工【東京都 2018年春の大会 春季東京都高等学校野球大会】
都立篠崎vs都立鷺宮【東京都 2018年春の大会 春季大会 一次予選】
都立高島vs都立篠崎【東京都 2017年夏の大会 第99回選手権東東京大会】

コメントを投稿する

未掲載選手掲示板未掲載選手掲示板