選手名鑑

石澤 大和 (網走南ヶ丘)

応援メッセージを投稿する!
石澤 大和

石澤 大和

都道府県:
北海道
高校:
網走南ヶ丘
学年:
3年
ポジション:
投手
投打:
左/左
身長:
176cm
体重:
71kg
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

下記写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。

短評
 一目見てドラフト候補と確信させられた逸材。全国で色々な左腕を見てきているが、ドラフト候補として推していい左腕だ。
試合レポートから抜粋
網走南ヶ丘の先発・石澤大和は176センチ71キロとサイズ以上に上背の良さが感じられ、肩、ひじも柔らかい。

石澤は全国クラスと評される左腕と比較しても、そん色ない。投球フォームを見ていくと、ワインドアップからゆったりと始動し、右足の膝を適度に伸ばしてバランスよくたつ。そこから右足の膝を一塁方向へ伸ばして徐々に重心を下げていき、着地を行う。ヒップファーストで体重移動ができており、内回りのテークバックをとって、トップを作り、打者寄りでリリースができる。

 まさに上半身、下半身の動きが連動された素晴らしい投球フォーム。ストレートのスピードは常時135キロ~140キロを計測。縦回転のフォームなので、回転数抜群のストレートは高校生でも一級品。同じ腕の振りから繰りだす120キロ後半のスライダーは打者の手元で鋭く落ちる。速球、変化球の精度も素晴らしく、なぜこんな逸材が埋もれていたんだという驚きしかない。

 石澤は小学校時代から高い才能を発揮しており、小学6年にはファイターズジュニアに選ばれ、ジュニアトーナメントに出場。中学時代も全道大会に出場していて、高1年の時から133キロを投げていた。そんな石澤が網走南ヶ丘に進んだ理由は「中学で一緒にやっていた仲間や知り合いと一緒にやりたかったから」という。入学後は食トレに励み、入学から11キロも体重を増やし、この春の練習試合で最速144キロまで伸ばした。

 石澤も2点を取られてからスイッチが入った。 「立ち上がりが本当に悪くて、全部、甘いところにいっていたんですけど、なんとか落ち着いて投げようと切り替えました」 なんと4番池森 勇太(3年)から1番打田まで7者連続三振。得意のスライダーが冴えに冴え渡った。

そして石澤は最後まで球威を衰えることなく、9回でも138キロのストレートと120キロ台中盤のスライダーを投げ込み、8安打を打たれながらも、17奪三振、1四球、3失点完投勝利で2回戦へコマを進めた。

 石澤は制球力、ストレートともに良くなかったと振り返るが、17奪三振という数字が石澤のストレートの切れ、スライダーの切れ味の凄さを物語っている。
将来の可能性
 実力的にはドラフト候補として推していい左腕。スライダーは128キロを計測し、打者の手元で鋭く落ちる軌道は及川 雅貴横浜)に並ぶものがあった。まだリリースポイントがばらけるところはあるが、自分の技術を言語化できる能力の高さがあり、姿勢面もしっかりしているので、次のステージで勝負できる左腕だと思う。高いレベルに揉まれて、やっていけるだけの人間力があるか。石澤を見たスカウトはそこを見抜く段階に入るのではないだろうか。
 つまり実力面では高い評価を与えてよい左腕であり、その素質をさらに伸ばしてほしい。
情報提供・文:2019.05.11 河嶋 宗一
選手名鑑トップへ戻る
【関連記事】
遠軽vs網走南ヶ丘【北海道 第58回 春季北海道高等学校野球大会 北見支部予選】
網走南ヶ丘vs網走桂陽【北海道 第58回 春季北海道高等学校野球大会 北見支部予選】

コメントを投稿する

北海道地域応援スポンサー

北海道の地域スポンサー様を募集しております。

未掲載選手掲示板未掲載選手掲示板