選手名鑑

豆田 泰志 (浦和実)

応援メッセージを投稿する!
豆田 泰志

豆田 泰志

都道府県:
埼玉
高校:
浦和実
学年:
3年
ポジション:
投手
投打:
右/右
身長:
172cm
体重:
72kg
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

下記写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。

短評
観戦レポートより抜粋(2019年5月19日
 浦和実の2年生右腕・豆田 泰志が魅せた。

 今春の埼玉県大会では、関東大会出場がかかった昌平戦で8回途中まで無安打の投球を見せた豆田は前評判通りの投球を見せてくれた。

 1回裏、1番菅野 秀斗、4番野村 健太山梨学院が誇る巧打者・強打者をいずれもストレートで空振り三振。野村から三振を奪った瞬間、球場はどっと沸く。その三振はその後の快投を予感させるものだった。 

 豆田は次々と強力打線の山梨学院から空振り三振を奪っていく。3回裏には味方のエラーで1点を失ったが、ヒットはスライダーに合わせられただけのシングルヒット。ストレートはまともに打たれていない。では豆田はいったいどんな投手なのか?

 172センチ72キロの右投手の豆田のストレートは常時130キロ~135キロ程度と球速面だけをみると大したことがないように感じてしまうが、豆田のストレートは球速表示では語り切れない魅力がある。回転数の高さはもちろんだが、フォームに無駄な力みがない。いわゆるキレのあるストレートをコントロールよく投げるにはどうすればいいのか、それを教えさせてくれる投手だ。

ノーワインドアップから始動し、ゆったりと左足を上げていき、バランス良く左足を立つ。そこからゆったりと左足をおろしていくが、着地した瞬間から体を駒のように鋭く回転させる。体の鋭い回転によって腕も振られていく感覚だ。体の回転をうまく使えるコツは左腕。テークバックをとった時、半身の態勢からグラブを胸に抱えすぎず、すっと落とす。

 その動きにより、上半身がスムーズに回転できているので、左足に全体重がかかり、躍動感のあるフィニッシュができる。打者に近い距離でリリースができていて、生きたストレートを投げることができる。腕の振り、動きが見えにくいので、タイミングは想像以上に取りにくい投手だと思う。

 4回にはストレート中心で三者連続三振を奪い、4回まで9奪三振と圧巻の投球。

 7回裏、無死一、二塁のピンチを迎えたところで豆田は交代。6回を投げて11奪三振。注目の4番野村に対してはストレートで2三振を奪い、十分に持ち味を発揮してくれた。
情報提供・文:2019.05.19 河嶋 宗一
選手名鑑トップへ戻る
【関連記事】
西武台vs浦和実【埼玉県 2019年秋の大会 埼玉県大会】
市立川越vs浦和実【埼玉県 2019年夏の大会 第101回選手権埼玉大会】
浦和実vs浦和学院【埼玉県 2019年夏の大会 第101回選手権埼玉大会】
東海大相模vs浦和実【2019年春の大会 第71回春季関東大会】
浦和実vs山梨学院【2019年春の大会 第71回春季関東大会】
春日部共栄vs浦和実【埼玉県 2019年春季大会 埼玉県春季高等学校野球大会】
浦和実vs東農大三【埼玉県 2019年春季大会 埼玉県春季高等学校野球大会】
浦和実vs昌平【埼玉県 2019年春季大会 埼玉県春季高等学校野球大会】
浦和実vs所沢商【埼玉県 2019年春季大会 埼玉県春季高等学校野球大会】
浦和実vs山村学園【埼玉県 2018年夏の大会 第100回選手権南埼玉大会】
コメント (2)
注目選手!2020.01.13 兵庫からの野球ファン
2020・埼玉注目の投手
目立って行こう‼️2019.05.07 OGの親父
1年から豆田君を見ているけど、春季大会はある意味覚醒しましたね。制球力に玉の威力が加わり、力で三振が取れてました。今までは先発でしたが、この県大会を通して、三田君を先発に、出来れば3番手の投手を挟んで、豆田君を抑えにもっていくことも考えてください。
県大会から関東とレベルが上がり、2回戦で山梨学院と
戦います。浦実がどこまで戦えるか、夏に向けて大切な一戦です。いろんな場面を想定して臨んでください。
必ず応援に行きます。

コメントを投稿する

埼玉県地域応援スポンサー

埼玉県の地域スポンサー様を募集しております。

未掲載選手掲示板未掲載選手掲示板