選手名鑑

佐藤 一磨 (横浜隼人)

応援メッセージを投稿する!
佐藤 一磨

佐藤 一磨

都道府県:
神奈川
高校:
横浜隼人
学年:
3年
ポジション:
投手
投打:
左/左
身長:
188cm
体重:
88kg
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
短評
試合レポートより抜粋)
 横浜隼人の先発は長身左腕・佐藤 一磨(3年)はなかなか面白い投手だった。
 長身で体つきもがっしりしているのだが、肩肘の柔軟性も高い投手。何より良いのは脱力が効いた投球フォーム。右手のグラブを軽く上げて、軽く添えるイメージ。同じ神奈川の左腕でも、勢いよくグラブを抱え込む投手と比べると一目瞭然の体の使い方である。

 投手にとってグラブを使う手の感覚、力の入れ具合はデリケートである。佐藤はこのフォームによって、しっかりと力が入るのだろう。腕の振りもスムーズで、頭の突っ込みもないため、軸のぶれもない。投球フォームのリズムが、「静→動」なので、常時130キロ~135キロ(最速138キロ)のストレートはぴゅっと来る感覚に陥る。そのため差し込まれたフライが多かった。変化球は120キロ中盤のカット系の変化球、110キロ中盤のスライダー、110キロ中盤のチェンジアップを投げるが、投球の大半はストレート。高めでも勝負できる切れ味があり、大きくコントロールを乱すこともない。

 ピッチング以外にも目を向けると、1.2秒前後のクイックと速く、それでいてコントロールの乱れはなく、牽制もそつなくこなし、フィールディングではこの長身ながら身のこなしが良く、バントを二塁封殺もあった。タイプ的には横川 凱大阪桐蔭-巨人)と似たタイプといえる。

 このメカニックのまま常時130キロ後半~140キロ前半まで伸びていけば、ドラフト候補として注目を浴びそうだ。長身でありながら、実戦レベルも高い面白い素材なので、さらに色気を出して、取り組んでほしい。
情報提供・文:2019.04.13 河嶋 宗一
選手名鑑トップへ戻る
【関連記事】
日大藤沢vs横浜隼人【神奈川県 2019年夏の大会 第101回選手権記念 神奈川大会】
横浜隼人vs大磯【神奈川県 2019年夏の大会 第101回選手権記念 神奈川大会】
立花学園vs横浜隼人【神奈川県 2019年春の大会 神奈川県春季大会】
横浜隼人vs日体大荏原vs加藤学園【2018年 練習試合(交流試合)・秋】
横浜商vs横浜隼人【神奈川県 2018年夏の大会 第100回選手権記念 南神奈川大会】
金沢vs横浜隼人【神奈川県 2018年春の大会 神奈川県春季大会】
横浜隼人vs平塚江南【神奈川県 2018年春の大会 神奈川県春季大会】
桐光学園vs横浜隼人【神奈川県 2017年秋の大会 神奈川県秋季大会】
横浜隼人vs横浜商大高【神奈川県 2017年夏の大会 第99回選手権神奈川大会】
横浜隼人vs横浜学園【神奈川県 2017年夏の大会 第99回選手権神奈川大会】

コメントを投稿する

未掲載選手掲示板未掲載選手掲示板