選手名鑑

高橋 宏斗 (中京大中京)

応援メッセージを投稿する!
高橋 宏斗

高橋 宏斗

都道府県:
愛知
高校:
中京大中京
学年:
2年
ポジション:
投手
投打:
右/-
身長:
184cm
体重:
75kg
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

下記写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。

寸評
 2020年のリードをする投手として注目したい本格派右腕・高橋宏斗。最速148キロのストレートを武器に、キレのあるカットボール、山崎康晃ばりの落ちるツーシームで実績を積み重ねてきた。そんな高橋の将来性について迫っていきたい。


(投球内容)
ストレート 最速148キロ
常時130キロ後半~145キロ
スライダー 120キロ前後
ツーシーム 125キロ前後

 圧力のあるストレートと投げ込む。特にコーナーへ決まる速球は一級品で、名将・馬淵監督も「今年対戦した投手の中で一番」と語るようにそれだけ迫力があった。

 大学の部に登場した速球投手と比較しても負けていない投手だったといえる。

将来的には150キロ~155キロも十分狙える投手ではないだろうか。去年の目玉投手・奥川恭伸は、春以降から150キロ越えをしたが、その成長曲線を描くことはできるか。また、シュート回転で、それを逆手にとって左打者には外ギリギリでよい感じにシュートして三振を奪っていた。

 右打者には120キロ前後のスライダーを投げて、カウントを稼ぎ、ストレートで空振りを狙い、左打者には外に落ちるツーシームで三振を奪う配球で、三振の山を築いていた。

 愛知県大会、東海大会、明治神宮大会通じての配球を見て感じたのは左打者には内角へ強く投げる度胸があり、外角いっぱいに決める制球力がある。

 ただ真ん中付近にボールが結構打ち込まれたりと、まだピッチングの攻めに課題がある。

(投球フォーム)
ワインドアップから始動する。すぐ足を挙げるのではなく、ゆったりと左足を挙げて、千賀に倣って三塁側hぷ港を見て、左ひざを少し曲げてバランスをとっている。左足の膝を少し二塁方向へ送り込んでいきながら、重心を下げていき、軸足の膝を二塁方向で送り込んでいくことで、突っ込みを防ぐことができる。高橋は重心を下げるのと同時に、ほかの投手に比べて上半身も前傾しながら、進んでいくので、バランスを崩しやすい。左ひざを送り込んで、軸足をためながらその突っ込みを防ぐ狙いが見える。
 左肩のグラブの動きを見るとやや高く掲げながら左胸に抱え込んでいき、トップを作りリリースに入る。内回りの旋回で、右ひじがしっかりと挙がっており、自然な軌道で投げることができるため、負担はそれほど大きくないフォームだといえるだろう。

 最後のフィニッシュ時でも、左手がほどけて強い腕の振りを実現しており、左足の体重の乗せ具合もよく、上半身、下半身のバランスが取れた投球フォームだといえるだろう。
将来の可能性
 総合力の高さ、落ちるボールを決め球にしている点を考えれば、世代を代表する投手としてみていいだろう。ただ、奥川 恭伸佐々木 朗希と比べると直線的なフォームで、あまり角度を感じない。ただ、プロでも高橋に似たメカニズムで活躍している投手は多くおり、そういう投手はピッチトンネルを小さくして、狙い球を絞らせないピッチングができている。高橋は高度なピッチングが求められるだろう。

 器の大きさを考えれば来年は1試合1試合が注目されるのは間違いない。その期待に応える活躍を見せていけば、1位候補に挙がっていく可能性は十分にある投手だ。
情報提供・文:2019.12.05 河嶋 宗一
選手名鑑トップへ戻る
【関連記事】
中京大中京vs健大高崎【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
中京大中京vs天理【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
中京大中京vs明徳義塾【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
中京大中京vs県立岐阜商【2019年秋の大会 第72回秋季東海地区高等学校野球大会】
中京大中京vs藤枝明誠【2019年秋の大会 第72回秋季東海地区高等学校野球大会】
中京大中京vs津商【2019年秋の大会 第72回秋季東海地区高等学校野球大会】
中京大中京vs岡崎学園【愛知県 2019年秋の大会 第72回愛知県高校野球選手権大会】
誉vs中京大中京【愛知県 2019年夏の大会 第101回選手権愛知大会】
中京大中京vs愛知産大三河【愛知県 2019年夏の大会 第101回選手権愛知大会】
中部大一vs中京大中京【愛知県 2019年春の大会 春季愛知県大会】

コメントを投稿する

未掲載選手掲示板未掲載選手掲示板