選手名鑑

沢田 龍太 (富山商)

応援メッセージを投稿する!
沢田 龍太

沢田 龍太

都道府県:
富山
高校:
富山商
学年:
2019年卒
ポジション:
投手
投打:
右/右
身長:
 
体重:
 
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

下記写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。

短評
コラムから抜粋

 富山県出身でプロで活躍しているのは石川歩(滑川出身・千葉ロッテ)、西野 勇士新湊出身・千葉ロッテ)が思い浮かぶ。2人に共通するのは実直な野球選手。2人について「地味だけどピッチングはすごい」と表現するファンが多い。

 富山商沢田 龍太はそんな2人の系譜を受け継いでいる投手といえる。


 右腕から投げ込む直球は常時130キロ後半~143キロとコンスタントに140キロ台を計測。さらに指先にしっかりと力を伝えるのがうまいリリースで、回転数が高いストレートは本物だ。そして沢田の魅力は変化球の精度の高さにある。125キロ前後のスライダー、130キロ前後のカットボール、130キロ台のスプリットと、変化球の速度は高校生のレベルを超えており、手元で急激に変化し、精度も非常に高い。


 そんな沢田は1年夏からベンチ入りし1年秋にはエースへ成長。そして大黒柱として素晴らしい活躍を見せたのは、2年秋である。公式戦69イニングを投げて、64奪三振、防御率1.70、四死球率2.48と安定した数字を残し、選抜出場に貢献した。


 選抜・智辯和歌山戦では最速143キロのストレートと切れ味鋭い変化球を武器に2失点。林 昂汰を2三振に抑えるなど、持ち味を発揮した。感情を表に出すことなく、淡々と自分のピッチングに専念し、厳しいコースに投げ込んだ好投を読んだ。これまで北信越内では好投手として注目されていたが、全国区の投手へ成長した。



 最後の夏が近づいてきて、各校の打力が上がる夏でも、それを凌ぐほどのすごみのあるピッチングを見せてくれるのか。


 気づいたときは全国トップクラスの投手になっていた。そんなピッチングを期待したい。



情報提供・文:2018.07.07 河嶋 宗一
選手名鑑トップへ戻る
【関連記事】
日本航空石川vs富山商【2018年春の大会 第138回北信越地区高等学校野球大会】
智辯和歌山vs富山商【第90回記念選抜高等学校野球大会】
富山商vs坂井【2017年秋の大会 第137回北信越地区高校野球大会(平成29年度秋季)】
富山商vs金沢学院【2017年秋の大会 第137回北信越地区高校野球大会(平成29年度秋季)】

コメントを投稿する

未掲載選手掲示板未掲載選手掲示板