選手名鑑

小林 樹斗 (智辯和歌山)

応援メッセージを投稿する!
小林 樹斗

小林 樹斗

都道府県:
和歌山
高校:
智辯和歌山
学年:
2年
ポジション:
投手
投打:
右/右
身長:
181cm
体重:
78kg
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
寸評
 昨秋から大きく成長を見せた期待の2年生右腕。進化の内容について本人のコメントを聞きながら紹介していきたい。
 常時131キロ~143キロのストレートは回転数が高く、エースの池田よりも球威を感じる。将来的には145キロまで伸びる可能性は秘めている。 
 昨秋と比べるとアベレージのスピードは5キロ~7キロも変わっているが、冬場はウエイトトレーニングを中心に取り組み、10キロの増量に成功し、選抜までの練習試合では140キロを超えることもたびたびあった。
 「明らかに世界が変わりましたね。秋に全力で投げていたボールは今では7,8割ほどの力で投げることができています」と手ごたえを感じている。
 120キロ前後のスライダーを内外角に投げ、さらに120キロ後半のフォークを追い込んでから使い、空振りを奪う狙う配球だ。
(投球フォーム)
 ワインドアップから始動し、左足をゆったりと上げていき、右足の膝を適度に伸ばしてバランスよくたつ。左足を遊撃方向へ伸ばしていきながら、重心を下げていく。その後、コンパクトなテークバックからトップを作り、リリースに入る。昨秋に比べて、胸の張りが強くなった投球フォームだが、小林自身、意識している。
「胸を強く張ることで、縦回転で鋭く投げられるので、フォークをしっかりと投げたい、しっかりと変化させたい、同じ腕の振りで投げたいという意識があるので」
 強く腕が振れているので、負荷に強い肉体となり、これからも元気に勢いのあるストレートを投げてほしい。
将来の可能性
 智辯和歌山は1年に1人は140キロを超える投手が出てくるがその中でも将来的に145キロは期待できる逸材。同世代の明石商の中森俊輔に刺激を受けており、「負けてられないです」と語る小林はこの1年間半で、中森に匹敵する投手へ成長できるか。自身が強みとする強いストレートと落差が鋭いフォークを伸ばし、ドラフト候補へ成長することを期待したい。
情報提供・文:2019.03.30 河嶋 宗一
選手名鑑トップへ戻る
【関連記事】
智辯学園vs智辯和歌山【2019年春の大会 近畿大会】
智辯和歌山vs市立和歌山【和歌山県 2019年春季大会 平成31年度春季和歌山県大会】
智辯和歌山vs和歌山東【和歌山県 2019年春季大会 平成31年度春季和歌山県大会】
明石商vs智辯和歌山【第91回選抜高等学校野球大会】
智辯和歌山vs啓新【第91回選抜高等学校野球大会】
智辯和歌山vs熊本西【第91回選抜高等学校野球大会】
明石商vs智辯和歌山【2018年秋の大会 平成30年度秋季近畿地区高等学校野球大会】
智辯和歌山vs大阪桐蔭【2018年秋の大会 平成30年度秋季近畿地区高等学校野球大会】
智辯和歌山vs大阪偕星学園【2018年秋の大会 平成30年度秋季近畿地区高等学校野球大会】
智辯和歌山vs市立和歌山【和歌山県 2018年秋季大会 近畿地区高等学校野球大会 和歌山県二次予選】
コメント (1)
軟式野球出身2019.04.01 松洋さん。
小林投手は、中学時代は軟式野球出身。和歌山県美浜町の松洋中学校から硬式野球には進まずに軟式野球部に入った。同中学は日本一にもなったことのある名門校で、先輩の智辯和歌山中本拓さんらがOB。ちなみに同中学出身では中日の岡田俊哉が硬式野球の日高ボーイズに進んで、智辯和歌山に進んでいる。

コメントを投稿する

未掲載選手掲示板未掲載選手掲示板