高校野球ドットコム

選手名鑑

綾部 郁海 (我孫子)

応援メッセージを投稿する!
綾部 郁海

綾部 郁海

都道府県:
千葉
高校:
我孫子
学年:
2020年卒
ポジション:
投手
投打:
右/右
身長:
180cm
体重:
81kg
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

下記写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。

短評
試合レポートから抜粋
 我孫子の投打の柱・綾部 郁海。180センチ81キロと恵まれた体格から最速139キロの直球と縦スライダーを武器にする右の本格派。打者としても一発を打つ長打力を秘めている。対する打力が良い柏南
 試合は綾部の投打に渡る大活躍で我孫子柏南を圧倒した。

 綾部は1回裏、いきなり三者連続三振と素晴らしい立ち上がり。そのピッチングは見事だった。自慢のスライダーを生かすために、投球フォームをこの冬にモデルチェンジ。去年より横回転が強くなった右のスリークォーターから投じる直球は常時130キロ~133キロと昨年と大きな変化はない。

 一番進化したのはスライダーのコントロールだ。スライダーは120キロ前後の縦変化、125キロも計測したこともある高速スライダー、いつでもカウントが取れる110キロ前後の横スライダーの3種類なのだが、この横スライダーの使い方が巧みだ。右打者にはただ外角だけではなく、フロントドア(内角のボールゾーンからストライクゾーンに入る変化球)を使ったり、左打者にはバックドア(外角のボールゾーンからストライクゾーンに入る変化球)、ひざ元に入れたりと器用に扱う。このバックドア、フロントドアは綾部によると意図的にコントロールできるという。
「スライダーをコントロールするのは得意なので。今日はストレートの走りが良くなかったので、スライダー中心で攻めるようにしました」

 何の変哲もない曲がりをするのだが、ボールゾーンから打者の手元ですっと曲がっていくので、変化は大きいけれど、曲がりはじめが早いスライダーよりも厄介だと思う。まさにスライダーテクニシャンだ。

 また打撃でも魅せた。第1打席はフェンス直撃の二塁打を放ち、先制の適時二塁打。綾部の一打を機に勢いに乗った我孫子打線は満塁のチャンスから1番・田中 一樹(3年)の痛烈な左前安打から2点を追加し、さらに押し出し死球もあり、1点を追加する。  

 綾部は2回裏に宮崎悠希(3年)の適時打を浴びて1点を失うが、3回表、2打席目を迎えた綾部は内角直球を捉え、レフトスタンドへ飛び込む本塁打。左中間の深い所へ打ち込む特大弾となった。
 春の公式戦では地区予選の秀明八千代戦以来の本塁打。フォローが効いた迫力満点のスイング、打球の弾道の高さ、飛距離は千葉県内の右打者でもトップクラスではないだろうか。オフシーズンでは選手相手にひたすらノッカーを務め、バットコントロールを磨いてきた綾部。今では捕れるか、捕れないかのところに打ち分け、ノックバットでライト方向にも本塁打具当てるまでのパワーが身に付いたが、その技術を存分に発揮した打席だった。

 綾部はスライダーを巧みに投げ分け、また打者の狙いを見て、100キロ台のカーブを投げ込む憎たらしい投球を見せ、5回まで12奪三振と圧巻の奪三振劇を見せる。

情報提供・文:2019.04.28 河嶋 宗一
選手名鑑トップへ戻る
【関連記事】
我孫子vs柏南【千葉県 2019年春の大会 千葉県大会】
市立柏vs我孫子【千葉県 2018年秋の大会 千葉県大会】
流通経済大柏vs我孫子【千葉県 2017年秋の大会 千葉県大会】
コメント (1)
卒業後2020.04.22 おやじ
大学で野球を続けています

コメントを投稿する

未掲載選手掲示板未掲載選手掲示板