選手名鑑

細野 晴希 (東亜学園)

応援メッセージを投稿する!
細野 晴希

細野 晴希2018u17tokyo

都道府県:
東京
高校:
東亜学園
学年:
2年
ポジション:
投手
投打:
左/左
身長:
178cm
体重:
73kg
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
寸評
 東京U17代表に選ばれた左腕。夏では常時125キロ前後で、緩急を使い分け、牽制がうまい技巧派左腕という印象でしかなかったが、ストレートは常時130キロ台まで伸びており、イメージが一変した。フォームを見ても肘が使え、うまく肉付けすれば、140キロ台まで伸びていく予感をさせる投手で、ここまでうまく伸びている投手ではないだろうか。
(投球内容)
ストレートの球速は常時120キロ後半~134キロを計測。夏よりも、平均球速は5キロ以上は速くなっており、世界観が変わっているのではないだろうか。彼のストレートは回転数が高い切れ型。今の球質を維持したまま、平均球速が5キロ~7キロぐらい上がると空振りは奪えるだろう。
 110キロのカーブ、120キロ前後のスライダーを外角中心に投げていく。ただ横系統で、絶対的な決め球がない。切れ型のストレートを投げる左オーバースローが活躍するには、縦系統の変化球の習得は絶対。これは大学・社会人・プロの同タイプの左腕はしっかりとスキルにしている。チェンジアップ系など習得しておきたい。
 見逃せないのは牽制の良さ。走者をくぎ付けする巧さは必見だ。
将来の可能性
 切れ型のストレートは速くなっており、四球から崩れるタイプでもない。ピッチング面でもメリハリが出てきて成長は見える。ただ秋季都大会では5点台に終わったように、まだ強豪校の打者で押し切れるほどの絶対感はない。
 ストレートの球威、コンビネーションやピンチの場面でも投球の引き出しがまだまだ。絶対的に打ち取れる縦の変化球を習得するだけでも世界が広がってくるだろう。タイプ的には加藤 貴之(日本ハム)に育つ予感をさせる選手ではないだろうか。
 まずはキューバ遠征を経てどんな成長をたどっていくのか注目していきたい。
情報提供・文:2018.11.08 河嶋 宗一
選手名鑑トップへ戻る
【関連記事】
国士舘vs東亜学園【東京都 2018年秋の大会 東京都大会】
東亜学園vs國學院久我山【東京都 2018年秋の大会 東京都大会】
東亜学園vs日本ウェルネス【東京都 2018年秋の大会 東京都大会】
東亜学園vs都立片倉【東京都 2018年秋の大会 東京都大会】
東亜学園vs都立淵江【東京都 2018年秋の大会 東京都大会】
東亜学園vs獨協【東京都 2018年秋の大会 東京都大会 一次予選】
帝京vs東亜学園【東京都 2018年夏の大会 第100回選手権東東京大会】
東亜学園vs錦城学園【東京都 2018年夏の大会 第100回選手権東東京大会】
東亜学園vs都立広尾【東京都 2018年夏の大会 第100回選手権東東京大会】
東亜学園vs都立桜修館【東京都 2018年夏の大会 第100回選手権東東京大会】

コメントを投稿する

未掲載選手掲示板未掲載選手掲示板