選手名鑑

成瀬 脩人 (東海大菅生)

応援メッセージを投稿する!
成瀬 脩人

成瀬 脩人2018u17tokyo

都道府県:
東京
高校:
東海大菅生
学年:
2年
ポジション:
遊撃手
投打:
右/右
身長:
174cm
体重:
70kg
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

下記写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。

短評
 全国クラスのショートストップへ成長しそうなのが成瀬。この半年間で見違えるような成長を見せてくれた。過去5年間、代表選手に選ばれた右打ちのショートではトップレベルの実力を持った野手ではないだろうか。打撃内容はかなり良い。あとはキューバ相手にどこまで実力を発揮できるか、注目をしていきたい。

ニュースから抜粋
キューバ遠征する東京代表は木製バットを使う。まだ練習し始めて1か月、あるいは3週間ほどしか使っていない選手もいる。この時期だと打撃練習では鋭い打球を打てる選手も多くなるが、生きたボールを打つ実戦になると、まだまだ打たされたり、弱い打球になってしまう選手が多い。その中でも別格の対応力を見せているのが成瀬 脩人東海大菅生)だ。

 成瀬は東京大会決勝後のセレクションからライナー性の打球を連発。早稲田大戦でも、レフトへクリーンヒット。日大三戦では第1試合で2安打、第2試合でも右前安打を放ち、計4打数3安打と結果を残した。打球の質が抜けており、三遊間へ抜けていくクリーンヒットの打球速度が金属バットで打つヒットと変わらないぐらい速く、凡退した打席でも鋭い当たりを放っており、前田監督は「成瀬はボールをとらえる能力が素晴らしい」と名将から絶賛を受けている。

 成瀬は「木製バットも違和感なく振ることができています」としっかりとアジャストしている。とはいえ、短期間でも木製バットでもボールをしっかりとコンタクトして、実戦でも対応力の高さを示しているのか。それは日頃の打撃練習の意識付けにあった。前チームから試合に出場している成瀬だが、打ち損じが多かったことを反省。夏の大会が終わってからは、打撃練習でカウントや走者を置いた場面を自ら設定、あるいは心の中でシミュレーションして、狙い球を逃さず打つことを打ち続け、また練習試合や公式戦では相手投手のボールの軌道をイメージし、どうすればボールに合わせられるのかを考えてスイングをしてきた。その結果、秋季都大会6試合で22打数10安打、7打点と好結果を残し、木製バットでも同じイメージで、打つことができている。
 日大三戦の2試合目から前田監督は1番打者として起用。

「一番良い状態の選手を1番で使いたい」と、成瀬は前田監督の期待に応え、その第1打席で技ありの右前安打を打つのだからさすがである。遊撃守備でも軽快な動きを見せ、来年のドラフト候補として期待を持たせる選手だった。日本国内の練習試合もあともう少し。キューバ遠征へ向けて万全の状態で仕上げ、キューバでは自分の名を世界へ広げる活躍を見せていきたい。
情報提供・文:2018.11.25 河嶋 宗一
選手名鑑トップへ戻る
【関連記事】
東海大菅生vs国士舘【東京都 2018年秋の大会 東京都大会】
東海大菅生vs早稲田実業【東京都 2018年秋の大会 東京都大会】
東海大菅生vs岩倉【東京都 2018年秋の大会 東京都大会】
東海大菅生vs二松学舎大附【東京都 2018年秋の大会 東京都大会】
東海大菅生vs桜美林【東京都 2018年秋の大会 東京都大会】
東海大菅生vs東京成徳大高【東京都 2018年秋の大会 東京都大会】
東海大菅生vs日大豊山【東京都 2018年秋の大会 東京都大会 一次予選】
日大三vs東海大菅生【東京都 2018年夏の大会 第100回選手権西東京大会】
東海大菅生vs八王子【東京都 2018年夏の大会 第100回選手権西東京大会】
東海大菅生vs都立八王子北【東京都 2018年夏の大会 第100回選手権西東京大会】
コメント (1)
キューバ遠征2018.12.14 匿名
ムードメーカーの成瀬クン。
U17東京都選抜チームでもチームを盛り上げて勝利を呼び込んでください‼︎

コメントを投稿する

東京都地域応援スポンサー

東京都の地域スポンサー様を募集しております。

未掲載選手掲示板未掲載選手掲示板