選手名鑑

森 敬斗 (桐蔭学園)

応援メッセージを投稿する!
森 敬斗

森 敬斗

都道府県:
神奈川
高校:
桐蔭学園
学年:
3年
ポジション:
遊撃手
投打:
右/左
身長:
173cm
体重:
73kg
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

下記写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。

短評

 逆転サヨナラ本塁打を打ったことで一躍話題となった男。大会前からシュアな打撃と軽快なフットワークが光る遊撃手として注目されていた。打撃を振り返ると、スクエアスタンスでグリップを肩の位置に置いて、背筋を伸ばして構えている。投手の足が下りたところから始動を仕掛けていき、右足をしっかりと上げていきながら、まっすぐ踏み込んで打ちに行く。トップの動きを見ていくとヘッドを投手方向に向けていきながら、内回りのスイングを心掛ける選手。現状は今のままでいいかもしれないが、もし高いレベルで対応できるようになりたいのならば、なるべくトップに入ったときヘッドの投手方向の傾きを抑えながら、なおかつ小さい動きでも、打球を飛ばせる形は作った方がいい。これは時間があって、打撃フォームに修正できる時間があって、トレーニングに打ち込める時間があるときに、作り上げていった方がいい。大先輩の茂木栄五郎は、豪快なように見えるが、トップの傾きはやや小さく、それでいて、腰の回転を使いながら、遠くへ運んでいるのだ。森も、腰を鋭く使ったパンチショットはできつつあるので、華奢な体をじっくりと鍛えていってほしい。

 驚かされたのは守備。常総学院戦の守備を見ると、実戦の大事な場面ほどうまさを発揮する選手で、深い位置からのダイレクトスローを見せられた時は驚かされた。この選手が本物のドラフト候補となるのかこの1年、じっくりと確かめてみたいと思う。いずれにしろ、今回の本塁打は森の野球人生を振り返るうえでは、ターニングポイントとして語り継がれる本塁打になると思う。これを起爆剤として飛躍的な成長を期待したい。

試合レポートから抜粋
 サヨナラ本塁打を放った森はスイングを見ていると無駄がなく、手元で押し込む強さがあり、何より守備が素晴らしい。シートノックよりも実戦でフットワークの軽さ、肩の強さを発揮する選手で、この試合でも間一髪のあたりをアウトにするなどチームのピンチを救った。この活躍を続ければ、田畑秀也、茂木 栄五郎柿崎 颯馬といった近年の桐蔭学園でもトップレベルの実力を持った左打者に並ぶ可能性を秘めている。いずれにしても今後が見逃せない打者である。
情報提供・文:2018.10.21 河嶋 宗一
選手名鑑トップへ戻る
【関連記事】
向上vs桐蔭学園【神奈川県 2019年春の大会 神奈川県春季大会】
啓新vs桐蔭学園【第91回選抜高等学校野球大会】
筑陽学園vs桐蔭学園【2018年 第49回明治神宮野球大会】
桐蔭学園vs春日部共栄【2018年秋の大会 第71回秋季関東大会】
習志野vs桐蔭学園【2018年秋の大会 第71回秋季関東大会】
桐蔭学園vs佐野日大【2018年秋の大会 第71回秋季関東大会】
桐蔭学園vs常総学院【2018年秋の大会 第71回秋季関東大会】
横浜vs桐蔭学園【神奈川県 2018年秋の大会 神奈川県秋季大会】
桐蔭学園vs厚木北【神奈川県 2018年秋の大会 神奈川県秋季大会】
桐蔭学園vs光明相模原【神奈川県 2018年秋の大会 神奈川県秋季大会】

コメントを投稿する

未掲載選手掲示板未掲載選手掲示板