選手名鑑

菊地 竜雅 (常総学院)

応援メッセージを投稿する!
菊地 竜雅

菊地 竜雅

都道府県:
茨城
高校:
常総学院
学年:
3年
ポジション:
投手
投打:
右/右
身長:
180cm
体重:
82kg
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

下記写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。

寸評
 今年の茨城県を代表する右腕として注目を集めるのが最速150キロを誇る大型右腕・菊地竜雅。まだ荒削りなところがあるとはいえ、今年の高校生ではトップレベルのスピードボールを投げる投手であることは間違いない。

 そんな菊地の魅力に迫る。
(投球内容)

 ストレートの球速は常時130キロ後半~145キロをマーク。まさに重量感たっぷりでつまらせる投球を得意とする。

 120キロ前後のスライダー、120キロ近いチェンジアップ、130キロ前後のスプリットと変化球の精度は非常に高い。

全体的に外角中心に集まり、低めに変化球が決まった時は高確率で空振りを奪える。

(投球フォーム)
 
ランナーがいなくてもセットポジションから始動し、左足を高々と上げていきながら、右足の踵を挙げるヒールアップを行い、真っ直ぐ立つ。ただバランスを崩すと背中を反ってしまい、態勢が崩れやすい時があるので、気をつけていきたい。

そこから左足を巻き込んでいき、二塁方向へ送り込んでいきながら、重心を下げていき、左足を早く開くアウトステップを行う。この動作、左肩の開きの早さを助長しやすく、ホームベース方向から見ると、リリースが見やすくなってしまう欠点がある。

 テークバックの動きを見ると、内回りの旋回で、トップを作る。右肘を挙げた時、しっかりと胸を張っている。

 連続写真で見ると捻りを入れながら投げる投手で、動作のバランスが崩れるとコンディション不良で調子が上がらないタイプ。余計なひねりを入れることなく、力を発揮できる体の使い方を追求してほしい。
将来の可能性
 ここぞという場面で決まる速球は素晴らしいものがあり、変化球の精度も悪くない。

 ただ投球フォームは無理にひねって投げる投手なので、フォームを崩し、パフォーマンスが落ちやすい傾向がある。

 フォームの安定感を求め、さらに内外角にも投げ分けができるコントロールを身に着け、トップレベルの投手と呼ばれることを期待したい。 
情報提供・文:2020.04.16 河嶋 宗一
選手名鑑トップへ戻る
【関連記事】
健大高崎vs常総学院【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
常総学院vs日立商【茨城県 2019年夏の大会 第101回選手権茨城大会】
常総学院vs明豊【2019年 練習試合(交流試合)・春】
東海大相模vs常総学院【2019年 練習試合(交流試合)・春】
桐蔭学園vs常総学院【2018年秋の大会 第71回秋季関東大会】
常総学院vs水城【茨城県 2018年秋の大会 茨城県大会】
常総学院vs波崎柳川【茨城県 2018年秋の大会 茨城県大会】
常総学院vsつくば国際大東風【茨城県 2018年秋の大会 茨城県大会 地区予選】
常総学院vs霞ヶ浦【茨城県 県南選抜大会】
土浦日大vs常総学院【茨城県 2018年夏の大会 第100回選手権茨城大会】

コメントを投稿する

未掲載選手掲示板未掲載選手掲示板