選手名鑑

戸田 隆矢 (樟南)

応援メッセージを投稿する!
戸田 隆矢

戸田 隆矢pro2011

都道府県:
鹿児島
高校:
樟南
学年:
2012年卒
ポジション:
投手
投打:
左/左
身長:
180cm
体重:
69kg
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
寸評
 春季九州大会興南高校戦(2010年04月26日)。細身の体格ながら、ミットにズドーンと突き刺さるストレートに魅了された投手。その時の球速は、MAX88マイル(140.8キロ)を記録、2年生の春の時点では、破格の球速を魅せていていた。その戸田は、今や最速148キロまで到達したと言う。夏の鹿児島大会枕崎戦、再び彼の投球を確認してみた。 
 
 ストレートを投げ込む時に、やや力みから腕が突っ張る傾向にある。それでも勝負どころでの勢いは、やはり全国の左腕でも屈指のレベル。ただその力み故か?その球筋は、かなり暴れる。ただこの投手の良いのは、もう一つの球種であるスライダーが、低めに横滑りして切れ込む点にある。このスライダーが、低めに集まっている時は痛手を食らい難いのではないのだろうか?

 まだまだ投球術・制球力に未熟さを残すものの、適度に試合をまとめることはできている。牽制も鋭いし、フィールディングも落ち着いている。クィックが、やや1.2秒台後半(基準は1.20秒)と、無駄な動作が多いものの、大型左腕故に小さくまとまって欲しくない気持ちもある。2年夏としては、充分なレベルだと言えるのではないのだろうか。
将来の可能性
 やはり気になるのは、全国の舞台やプロを想定すると、ストレート以外に、まだ空振りを誘える球種に欠けるところ。そのため勝負どころで力んで甘くなったストレートを、狙い打たれたりする。本当の意味でのストレートのコントロールと武器であるスライダーなどに磨きをかけ、空振りを取れる変化球を磨きたい。

 投球フォームも、下半身が使い切れず粘りに欠けるため、どうしても一辺倒な印象は否めない。ピンチになると身体が突っ込み、「イチ・ニ・サン」のタイミングで、打者は待っていられるタイプ。ここに「イチ・ニ~のサン」の「ニ~の」粘りが出てくると、打者も相当焦らされるはず。この着地までの粘りこそが、投球の肝となる。彼には、あえてこの肝にこだわった投球を目指して欲しい。上手く一冬越えて伸びてくれば、2011年度全国No.1左腕の称号も、けして夢ではないだろう。
情報提供・文:2011.01.01 PN 蔵建て男
選手名鑑トップへ戻る
【関連記事】
樟南vs出水中央【鹿児島県 2011年夏の大会 第93回鹿児島大会】
樟南vs鹿児島南【鹿児島県 2011年第53回NHK旗争奪鹿児島県選抜高校野球大会】
樟南vs高梁日新【2011年春の大会 地域限定公式戦 交流戦】
興南(沖縄・推薦)vs樟南高校(鹿児島1位)【2010年春の大会 第126回九州地区高校野球大会】
樟南(鹿児島1位)vs宮崎商業(宮崎)【2010年春の大会 第126回九州地区高校野球大会】

コメントを投稿する

未掲載選手掲示板未掲載選手掲示板