選手名鑑

佐野 洋樹 (一関学院)

応援メッセージを投稿する!
佐野 洋樹

写真のご提供をお願いしております。こちらまで
※他メディアからの写真は掲載できません
※受付確認メールが届かない方は、ドメイン指定受信で info@hb-nippon.com のご指定をお願いします。

佐野 洋樹

都道府県:
岩手
高校:
一関学院
学年:
2013年卒
ポジション:
捕手
投打:
右/右
身長:
180cm
体重:
76kg
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
寸評
 捕手ながら一番に座る、岩手を代表する強打者。特に準決勝の花巻東戦では、大谷 翔平のボール常に芯で捉えるなど、高い対応力を示しました。

(第一印象)

 捕手としてよりも、打者としての能力が目立ちました。技術的には課題も少なくありませんが、大谷レベルのスピードボールを全く苦にしない能力に、この選手の可能性を感じずにはいられません。

(ディフェンス面)

 少しミットを示すのが、遅くれるところが気になります。それでも示したミットを下げずに捕球しに行きますし、ボール一球一球の押し込みがシッカリしています。フットワークも悪くないのですが、少しプレー全体が雑な印象を受けます。地肩に関してはよくわからなかったのですが、座ったまま返球するなど肩の強さにも自信を持っているのではないのでしょうか。ただスローイングに関しては、あまり評判を聞いたことがありません。

(打撃内容)

 つま先立ちして、軽くクローズスタンス気味に構えます。気になるのは、始動のタイミングが遅すぎるので、打てる球は限られているのかなと感じます。また春季大会では、本塁打も連発したようですが、本質的には野手の間を強烈に抜けて行くタイプの強打者ではないのでしょうか。

<長所>

 この選手の良さは、上半身の使い方。あらかじめ打撃の準備である「トップ」の形を作りつつ、上からバットを振り下ろしてきます。そのためボールを捉えるまでのスイング軌道に、大きなロスが感じられません。ボールを捉える際も、上から被せるようなスイングで振り抜きます。

<課題>

 始動~着地までの「間」が殆どないので、あらかじめ狙い球を絞って打たないと、読みが当たらない限り対応できません。そういった脆さも兼ね備えるのですが、この選手は右に左へとはじき返せるので、その点で打撃の幅を持っています。あらかじめ引っ張るだとか、右方向に打つんだと決めておいて、そのときによってスイングを使いわけているように思います。
将来の可能性
 捕手としては、もう少し丁寧なプレーを心がけること。打者としては、始動を早めて動作に余裕を持てるようだと好いですね。大谷のスピードに対応できる、天性の動体視力と反射神経には目を見張るものがありますし、大学あたりで資質を伸ばせば、強打の捕手として頭角を現すかもしれません。そのときは、ぜひスローイングも確認してみたいと思いました。
情報提供・文:2012.07.25 蔵建て男
選手名鑑トップへ戻る
【関連記事】
花巻東vs一関学院【岩手県 2012年夏の大会 第94回選手権岩手大会】
釜石vs一関学院【岩手県 2011年夏の大会 第93回岩手大会】
遊学館(石川)vs一関学院(岩手)【2010年夏の大会 第92回全国高校野球選手権大会】

コメントを投稿する

未掲載選手掲示板未掲載選手掲示板