高校野球ドットコム

卒業生
土田 龍空
プロ志望届提出者リスト

土田 龍空(近江)

都道府県:
高校:
学年:
2021 年卒
ポジション:
遊撃手
投打:
右/左
身長:
179 cm
体重:
77 kg
データ最終更新日:2021年9月6日

関連選手

プロ志望届提出選手

チームメイト(高校)

その他の関連選手

寸評












コラムから抜粋
 プロを見据えて、自粛明けから木製バットで練習を行った土田。高校通算29本塁打の打撃は芳しい内容ではなかった。滋賀独自大会では打率.222と結果を残せず、実際に見ても、木製バットに対応しきれず、打球にも力強さが感じられなかった。

 土田は「木製バットを変えてから調子が悪く、現在も調子が戻っていません」と語るように、土田自身、歯がゆさを感じている。打撃フォームを見ると足を踏み出した時の腰の回転が弱く、スイングを見ても加速した感じがない。NPBや練習会に参加して快音を響かせていた左打者と比べても、「手打ち感」がある。

 練習会の内容で評価が上がったということはないだろう。

 今回の練習会は有力な選手はあえて出ない選択肢もある。それでも土田は「挑戦して少しでも評価が上げてもらえばと思いましたし、何事にも挑戦してなんぼと思い、参加を決めました」と決意の理由を語る。

 この練習会の意義は、スカウト側にとって多くの選手を見出したり、評価を定めるための目的はあるが、選手にとっては何もかもが大きな経験となる。土田は同じ遊撃手の中山礼都と話をしながら、盗めるところは盗むと貪欲な姿勢は忘れなかった。

 打撃は思うようにいかなかったが、守備ではさすがの安定感だった。一歩目の踏み出し、捕球の安定性、持ち替えの速さ。すべてにおいて一級品だった。土田は「守備では捕球から送球すべてにおいて自分の持ち味をアピールできました」と振り返る。

 木製バットの対応はこれからも時間がかかるだろう。滋賀独自大会、練習会とタイプが異なる好投手たちと対戦したことは大きな財産となるだろう。その苦労は良い形で何倍にもなって返ってくるだろうし、そう辛抱したくなるほどの潜在能力が備わっている。1年目から二軍でレギュラーとして使いたいほどの守備力は備わっている。その可能性を高めるためにもこれからも意識高く練習を行い、来年には見違えるような打撃を見せることを期待したい。

情報提供・文:2020.09.07  河嶋 宗一

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。

関連記事

選手検索

名前
高校
都道府県
学年
ポジション
投打

RANKING 人気記事