選手名鑑

山田 響 (済美)

応援メッセージを投稿する!
山田 響

山田 響

都道府県:
愛媛
高校:
済美
学年:
3年
ポジション:
左翼手
投打:
右/右
身長:
170cm
体重:
75kg
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
寸評
 伝統的にスラッガーが多い済美。その中で長距離打者としての素質はピカイチと呼ばれるのが山田響だ。ここまで高校通算29本塁打。逆風でも関係ないパワーが魅力だ。そんな山田の打撃はじっくりと見ていくと独特のメカニズムで打っていることが分かった。

(打撃)
 スラッガータイプでは前さばきで勝負するタイプとポイントが後ろ目で勝負するタイプがいるが、山田はポイントが近い。一見、詰まっているように見えても運んでしまう。

 非常にハイレベルな打撃に挑戦しようとしている。

 まず構えから見てみるとオープンスタンスで構えて、少し重心を下げて構えている。構えを見るとうまく脱力が抜けており、うまく始動に入っていきやすい構えだ。

 押し込んで打つタイプで、始動のし掛けやステップについてはかなり試行錯誤している様子。夏は左足をしっかりと上げて打ちにいっていたが、秋ではステップを広めに置いてノーステップで打ちにいっていた。このステップで気をつけたいのは骨盤が回らず、手打ちにならないこと。ここに狂ってしまうとつまり気味に打球が増えてしまう。

 驚きなのは、これほどバックスイングを深く取りながらも、右肘をしっかりと畳んでインコースを振り抜くことができていること。
 実際に昨秋の愛媛大会決勝戦はインコースを振り抜いたものだった。 良い時の山田は上半身の開きが抑えられて、骨盤から回っていて、下半身主導で打てるか。その状態を維持して、確実性を高めていきたい。
 非常に癖のある打法ではあるが、高度な打撃に挑戦をしている。あとは場数を踏んでいけば、注目を浴びるタイプ。

 見ていて興味深い選手だった。

将来の可能性
 打撃レベルは全国レベルのスラッガー。メカニズムを見ても高校生としては珍しい後ろ寄りのポイントを打つタイプであり、かなり高度で難易度が高い打法に取り組んでいる様子が見える。

 あとは打撃以外の守備・走塁のレベルを高め、野球選手としての評価を高めることができれば、大学・社会人・プロなどのステージでプレー、そして活躍できる確率は高まっていくはずだ。
情報提供・文:2020.04.29 河嶋 宗一
選手名鑑トップへ戻る
【関連記事】
済美vs小松【愛媛県 2019年秋の大会 愛媛県秋季大会】
済美vs帝京第五【愛媛県 2019年秋の大会 愛媛県秋季大会】
済美vs宇和【愛媛県 2019年夏の大会 第101回選手権愛媛大会】
新居浜商vs済美【2019年 練習試合(交流試合)・春】
済美vs松山工【愛媛県 2018年秋の大会 愛媛県秋季大会中予地区予選】
大阪桐蔭vs済美【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
済美vs報徳学園【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
済美vs高知商【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
済美vs星稜【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
済美vs中央学院【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】

コメントを投稿する

愛媛県地域応援スポンサー

愛媛県の地域スポンサー様を募集しております。

未掲載選手掲示板未掲載選手掲示板