選手名鑑

菅野 秀斗 (山梨学院)

応援メッセージを投稿する!
菅野 秀斗

菅野 秀斗

都道府県:
山梨
高校:
山梨学院
学年:
3年
ポジション:
二塁手
投打:
右/左
身長:
170cm
体重:
72kg
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

下記写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。

寸評
 打撃センス抜群の左の好打者。今年の山梨学院の選手の中でも野球センスの高さはピカイチである。

(打撃)
打てるポイントの広さが何といっても魅力。
 スクエアスタンスで構え、グリップを肩の位置に置いて背筋を伸ばして構えている。以前は重心を低くして
えていたが、重心の位置を高くした。これにより幾分とボールが見やすくなった。

投手の足が下りたところから始動を仕掛けていき、右足をしっかりと上げていきながら、間合いをしっかりと図る。始動の仕掛けは早く、振り遅れを防ぐことができている。

  トップの動きを見ていくと捕手側方向へまっすぐ引いていく。ややヘッドが投手方向に入りすぎているのが気になるが、グリップが体の後ろに入りすぎないため、インコースに対して、しっかりと振ることができる選手で、インサイドアウトでボールをとらえることができる。
 振り出しを見ていくと左ひじを折りたたみ、インサイドアウトで振り抜く。菅野の場合、体の割れができており、膝を柔軟に使うことができているので、低めのボールにも対応することができる。外角球に対しても左中間へ打ち返す技術の高さがあり、軸足と腰の回転をきれいに回転させることができているので、見た目は華奢に見えても、遠くへ飛ばすことができる。

 このまま肉体面を強化していけば、小力のある左打の二塁手として評価を挙げるタイプとなるだろう。

(守備・走塁)
二塁守備の動きを見ていてもとても機敏で見ていてセンスの高さを感じさせる守備を見せてくれる。走塁は塁間タイムを計ることはできなかったが、遅くはない。足で目立っていきたい選手だろう。
将来の可能性
 走攻守を見ても、小柄ながら総合力が高く、どの試合でも存在感を示すことができる。ボールを捉えるセンスも非常に高く、将来的にプロを目指せる素質、野球センスの高さを感じさせる。菅野を知る人に聞くと努力家だと知る。
 
 高い打撃技術は日ごろの努力によって築いたものであり、高いレベルを経験すればするほど、自分に何が足りないかと分析して、上達をしていくアベレージヒッターだろう。
 
 まずは春の全国舞台でどれだけ進化した姿を見せてくれるか楽しみにしたい。
情報提供・文:2019.01.13 河嶋 宗一
選手名鑑トップへ戻る
【関連記事】
熊本工vs山梨学院【第101回全国高等学校野球選手権大会】
浦和実vs山梨学院【2019年春の大会 第71回春季関東大会】
筑陽学園vs山梨学院【第91回選抜高等学校野球大会】
山梨学院vs札幌第一【第91回選抜高等学校野球大会】
山梨学院vs春日部共栄【2018年秋の大会 第71回秋季関東大会】
山梨学院vs前橋育英【2018年秋の大会 第71回秋季関東大会】
山梨学院vs中央学院【2018年秋の大会 第71回秋季関東大会】
高知商vs山梨学院【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
日大三vs山梨学院【2018年春の大会 第70回春季関東大会】
明秀学園日立vs山梨学院【2017年秋の大会 第70回(平成29年度)秋季関東地区高等学校野球大会】

コメントを投稿する

未掲載選手掲示板未掲載選手掲示板