選手名鑑

永島 竜弥 (浦和学院)

応援メッセージを投稿する!
永島 竜弥

永島 竜弥

都道府県:
埼玉
高校:
浦和学院
学年:
3年
ポジション:
投手
投打:
左/左
身長:
165cm
体重:
67kg
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

下記写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。

寸評
 小山ボーイズから評判だった好左腕。中学時代からハイレベルなところで揉まれた投手ということもあり、すべてに平均点以上の投手で、今秋は埼玉地区を代表する左腕として注目を浴びそうだ。

 左オーバーから投げ込む直球は常時130キロ中盤を計測。回転数が高く、質の高さを感じさせる。永島がほかの制球力重視の左腕より素晴らしいのはカットボールの精度が高いこと。120キロ後半のカットボールを右打者の内角に投げ込み、空振りを奪っている。変化球は多彩で、120キロ前後のスライダー、100キロに満たないカーブ、110キロ前後のチェンジアップと球種は実に多彩で、しっかりと低めに集めることができる。
 ピッチングの幅が広く、まさに名門校で揉まれた左投手だ。 
(投球フォーム)
 ランナーがいなくてもセットポジションで始動する。右足を胸元まで上げていく。大きく上げることなく、スムーズに体重移動しやすいよう、バランスよく立つことができている。その後、二塁方向へ送り込んでいきながら重心を下げていき、お尻から先行するヒップファーストを取っていきながら、着地を行う。右腕のグラブを斜めに伸ばしていきながら、開きを抑えて、テークバックの動きを見ると左腕の引きが大きく、しっかりと胸を張る。永島の場合、肩、ひじの柔軟性があって投げられるフォームだが、右足の着地時に左ひじが下がりすぎたり、胸郭の柔軟性が落ちて押し出す投げ方になってしまうと、痛めやすい投げ方のため注意をしていきたい。
 投球自体は技巧派だが、投げるフォームは本格派なので、まだストレートの球速はもっと速くなりそうだ。
将来の可能性
 甲子園で見せた投球の内容は素晴らしく、自信をつけたピッチングとなった。投球の引き出しは広いが、今後に向けてストレートをもっと磨きたい投手。来年までに平均球速130キロ後半~140キロ前半まで速くなると、高いレベルで勝負できる左腕になるはず。今後の成長に注目していきたい。
情報提供・文:2018.08.12 河嶋 宗一
選手名鑑トップへ戻る
【関連記事】
浦和実vs浦和学院【埼玉県 2019年夏の大会 第101回選手権埼玉大会】
叡明vs浦和学院【埼玉県 2019年春季大会 埼玉県春季高等学校野球大会】
浦和学院vs白岡【埼玉県 2019年春季大会 埼玉県春季高等学校野球大会】
浦和学院vs市立浦和【埼玉県 2019年春季大会 埼玉県春季高等学校野球大会 地区予選】
浦和学院vs報徳学園【2018年  福井しあわせ元気国体2018】
大阪桐蔭vs浦和学院【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
二松学舎大附vs浦和学院【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
浦和学院vs仙台育英【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
浦和学院vs川口【埼玉県 2018年夏の大会 第100回選手権南埼玉大会】
浦和学院vs聖望学園【埼玉県 2018年夏の大会 第100回選手権南埼玉大会】

コメントを投稿する

埼玉県地域応援スポンサー

埼玉県の地域スポンサー様を募集しております。

未掲載選手掲示板未掲載選手掲示板