高校野球ドットコム

選手名鑑

苫篠 諒太 (東亜学園)

応援メッセージを投稿する!
苫篠 諒太

苫篠 諒太

都道府県:
東京
高校:
東亜学園
学年:
2013年卒
ポジション:
外野手
投打:
左/左
身長:
175cm
体重:
61kg
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
寸評
 元プロ野球選手・苫篠賢治氏の息子。父譲りの俊足で塁をかき回すのが持ち味の選手だ。都内屈指の俊足選手を取り上げていきたい。

(打撃)
 彼の売りであった足を生かすためにはまず出塁しなければならない。秋から打撃が伸びてきて、好打者と呼べるほどの選手になってきた。寝かせ気味にバットに構えて、インパクトまでロスなく振り下ろし、鋭いライナー性の打球を放つ。

 スタンスはスクエアスタンス。グリップは肩の位置に置いて両脇を閉めて、近くに置いてバットを寝かせて立っている。硬さを感じる構えなので、柔軟さはあまり感じられない。仕掛けは遅く、投手の足が着地したところから始動を仕掛けていくスタイルだ。捕手寄りのポイントで捉えるので、タイミングが遅れると振り遅れやすい。それでも創価の池田から2本ヒットを打つことが出来ていたのはインパクトからロスなく振り下ろすことが出来ているから。両肘を畳んで肩口から振り下ろしていくので、ヘッドが遠回りすることなく捉えることが出来ている。

 課題は仕掛けの遅さによるトップの形成の遅れ。インパクト時に首を傾ける動作をしていて、インパクトにズレはないか。後者は癖なので、仕方ないが、始動による部分は投げる投手のタイプを見極めて、変えていってほしい。


(守備・走塁)
 彼最大の売りはなんと行っても足。二塁到達タイムが7秒68を計測。二塁到達の基準タイムが8秒29なので、非常に速いタイムである。創価戦では四球から出塁して盗塁を決め、得点を記録。東亜学園のチャンスメイクにしっかりと徹している。

 俊足を生かした外野守備は広い。球際も強く、ポジショニングも悪くない。守りにいると頼りがいのある選手だといえよう。

将来の可能性
 野球センス・状況判断が長けた俊足野手で、東亜学園の攻撃の起点として大きな働きを見せている選手。昨年よりもスイングに力強さが出てきて、都内随一の速球投手・池田 隆英の速球にも振り負けない打撃を身に付けることが出来るようになった。木製バットを置き換えるとするならば、振り遅れないように始動に幾分余裕を持たせると対応力が更に広がっていきそう。

 東亜学園の中では一際スピード感がある選手で、上のレベルでもチャンスメーカーとして役割を担っていきそうだ。最後の夏で更に攻守に磨きをかけてより存在感を示してもらいたい。
情報提供・文:2012.04.27 河嶋 宗一
選手名鑑トップへ戻る
【関連記事】
都立片倉vs東亜学園【東京都 2012年夏の大会 第94回選手権西東京大会】
帝京vs東亜学園【東京都 2012年春の大会 春季大会 本大会】
東亜学園vs創価【東京都 2012年春の大会 春季大会 本大会】
東亜学園vs工学院大付【東京都 2012年春の大会 春季大会 本大会】
関東一vs東亜学園【東京都 2011年秋の大会 秋季東京都高等学校野球大会本大会】
東亜学園vs郁文館【東京都 2011年秋の大会 秋季東京都高等学校野球大会本大会】
東亜学園vs東海大高輪台【東京都 2011年秋の大会 秋季東京都高等学校野球大会本大会】
東亜学園vs都立足立西【東京都 2011年秋の大会 秋季東京都高等学校野球大会本大会】
国学院久我山vs東亜学園【東京都 2011年春の大会 春季東京都高等学校野球大会】
東亜学園vs東京都市大付【東京都 2011年春の大会 春季東京都高等学校野球大会】

コメントを投稿する

東京都地域応援スポンサー

東京都の地域スポンサー様を募集しております。

未掲載選手掲示板未掲載選手掲示板