選手名鑑

武岡 龍世 (八戸学院光星)

応援メッセージを投稿する!
武岡 龍世

武岡 龍世

都道府県:
青森
高校:
八戸学院光星
学年:
2年
ポジション:
遊撃手
投打:
右/左
身長:
178cm
体重:
70kg
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
寸評
 今年の遊撃手でも上位ランクの実力を秘めた武岡 龍世。粗がなく、走攻守すべてにおいて高いパフォーマンスを発揮し、ここぞという一番で実力を発揮する勝負強さといい、頼もしさがある。気さくで明るく周りに人が集まるようなキャラクターがある。

(打撃)
好打者ぞろいの八戸学院光星の中でもトップレベルの打撃技術を誇る選手。
スタンスはオープンスタンス。捕手よりに立ち、バットを立てて、重心を低くして構えている。投手の足が下りたところから始動を仕掛けていく。足を回しこむように上げていく。トップの動きを見ていくと捕手側方向へ引いていきながら、バックスイング。ただヘッドが投手方向に向けすぎており、一瞬、間が遅れると振り遅れしやすい形だ。ただ武岡が良いのはこの間でも左ひじをたたんで振り出すことができており、ボールを捉えることができる。外角球に対してはヘッドを下げずにボールを捉えており、高確率でヒットにすることができる。
 下半身の動きを見ると、膝をうまく使い、うまく割れを作っている。下半身を柔軟に使え、インパクトの瞬間でしっかりと体を回転できているところが、広角に安打が打てて、甘く入ればスタンドインできる長打力を生み出す要因だろう。
 スタンドインできる長打力を持ち、ファールで粘れる技術もある。簡単には凡退しない嫌な打者だと感じた。それが東邦戦の9回表、ホームランを生んだといえる。

(守備・走塁)
 まさに名門校のショートという感じで実に鍛えられている。フットワークが軽快で、スピード感を実感させる守備にも注目だ。ボールに合わせるリズム感が良く、また余計な色気を出さず、アウトを取るためにワンバウンドスローを行うなど、実にプレーが確実。また、一歩目の反応を速くするために、体を半身にして左足を引いて構えている。
 雨の中で行われた初戦ではかなり慎重にプレーしていたが、晴れの中で行われた高松商戦では深い位置からでも強肩と印象付けるスローイングを見せていた。
 塁間タイムは4.10秒前後となかなかの快速。基準以上の脚力があるので、これからも注目を浴びることになりそうだ。
将来の可能性
 八戸学院光星の高卒プロに進んだ野手と比べても、能力的には見劣りしない選手。守備・打撃を見ても、基礎技術ができていて、高いレベルに順応できるセンスの良さを感じる。
 ただ高卒プロに進むのであれば、平沢 大河仙台育英-千葉ロッテ)のようにヘッドの重みを利かせた重量感あるスイングで飛ばす技術を春から夏まで身に着けてほしい。平沢が高卒上位で行くと確信したのは明豊戦のバックスクリーン弾。武岡は神宮大会でバックスクリーン弾を放ったが、甲子園でもその片鱗を感じさせる見せてほしい。
情報提供・文:2019.01.20 河嶋 宗一
選手名鑑トップへ戻る
【関連記事】
高松商vs八戸学院光星【2018年 第49回明治神宮野球大会】
八戸学院光星vs東邦【2018年 第49回明治神宮野球大会】
八戸学院光星vs盛岡大附【2018年秋の大会 第71回(平成30年度)秋季東北地区高等学校野球大会】
八戸学院光星vs花巻東【2018年秋の大会 第71回(平成30年度)秋季東北地区高等学校野球大会】
龍谷大平安vs八戸学院光星【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
八戸学院光星vs明石商【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
八戸学院光星vs東日本国際大昌平【2017年春の大会 第64回(平成29年度春季)東北地区高等学校野球大会】
八戸学院光星vs明桜【2017年春の大会 第64回(平成29年度春季)東北地区高等学校野球大会】

コメントを投稿する

未掲載選手掲示板未掲載選手掲示板