高校野球ドットコム

卒業生
谷岡 竜平

谷岡 竜平(成立学園)

都道府県:
高校:
学年:
2014 年卒
ポジション:
投手
投打:
右/右
身長:
180 cm
体重:
75 kg
データ最終更新日:2012年8月12日

寸評

 来年のドラフト候補として、新チーム以後東京で注目されそうなのが、谷岡 竜平。180/75 の均整の取れた体格と下半身を生かしたバランスの良いフォームには、高い可能性を感じさせる。
 
(第一印象)
 
 非常にフォームだけでなく、ピッチングもバランスの取れた投手という印象を受けます。現時点では、何か大きな特徴や武器は持っていないのですが、総合力で勝負できるまとまりがあります。
 
(投球内容)
 
 夏の甲子園では、常時130キロ台後半~140キロ台前半をマーク。横滑りするスライダーにツーシーム、更にフォークのような縦の変化も織り交ぜてきます。それほど細かいコースの投げ分けはできませんが、ストライクゾーンの枠の中にはボールを集められ、四球で自滅するといったことはないでしょう。試合もある程度作れるし、苦しい状況でも東海大甲府戦では最後まで投げ抜きました。その力が、全国の強豪校相手にも通用することを証明した大会となりました。
 
<広がる可能性>
 
 お尻をある程度一塁側に落とせるのですが、少し二塁側に引き上げた足を送り過ぎるので落としが甘くなっています。そのためフォークのような縦の変化にも、絶対的な落差を生めないのではないかと考えられます。ただ2年生ながら、すでに「着地」までの粘りは悪くないので、将来的には多彩な変化球を身につけられる下地は出来ています。
 
<ボールの支配>
 
 グラブが最後後ろから抜けそうになっているので、少し両サイドへの投げ分けがアバウトに。ただ足の甲でシッカリ地面を押し付けることが出来ているので、ボールを低めに押しこむことは出来ています。ただまだ指先の感覚が甘く、ボールがバラつくのが目立ちます。この辺は、もっとフォームが固まってくれば、将来的には確かな制球を身につけられるのではないのでしょうか。
 
<故障のリスク>
 
 お尻の落としに甘さは残るものの、身体を捻り出すスペースは確保。このため、フォークなどを投げても肘への負担は少ないはず。更に腕の振り下ろしにも無理はなく、肩への負担も少ないでしょう。そう考えると、故障の可能性の低いフォームであり、順調に資質を伸ばして行けることが期待できます。
 
<実戦的な術>
 
 「着地」までの時間を確保出来ているので、打者としてはタイミングが合わせやすい淡白さはありません。身体の「開き」も平均的、ボールが見やすいということもないでしょう。腕も身体に絡み、速球と変化球との見分けも困難。ボールにもシッカリ体重が乗せられており、活きた球が打者の手元まで伸びて行きます。

将来の可能性

 こうやってみると土台となるフォームもシッカリしており、肉体のパワーアップに伴い素直に結果となって現れやすいタイプ。少し緩急に欠け一辺倒になりやすいきらいはあるので、その辺に注意して投球を組み立てられるようになれば、今後が楽しみな投手だと言えるでしょう。高校からプロに入るほどの成長を遂げられるかは微妙ですが、来春にはドラフト候補としてその成長を確認しに行かないと行けない存在。東京では、中村 祐太(関東一)と並ぶ存在だと言えるのではないのでしょうか。

情報提供・文:2012.09.24  蔵建て男

関連選手

関連記事

選手検索

名前
高校
都道府県
学年
ポジション
投打

RANKING 人気記事