高校野球ドットコム

卒業生
吉岡 佑希

吉岡 佑希(日川)

都道府県:
高校:
学年:
2013 年卒
ポジション:
投手・捕手
投打:
右/右
身長:
179 cm
体重:
73 kg
データ最終更新日:2012年4月9日

寸評

笛吹市立石和中学校出身。
1年生秋からベンチ入りし捕手として出場を重ねる。2年生春から正捕手となり先輩投手や後輩投手をリードしている。 
2年生夏、秋ともに背番号2を背負う。秋はリリーフ投手として全試合に登板している。プロテクタを外しマウンドに駆け上がる姿は急造投手という風ではなく実力として投手を担っている感じだ。

 フォームは捕手のスローインとは別物でテイクバックが大きく若干スリークオーター気味のオーバースロー。 左足を綺麗に胸元まで引き上げ、力を蓄えて投球する。歩幅は小さく若干立ち投げに近いが、膝も良く絞れて綺麗に肘が出てくる。 伸びのある速球は秋の段階で130kmを超えてくる。 変化球も幾つか問題なく投げられる様で非常に器用だ。 ただコントロールは若干不得意な様子。

 昨秋の山梨高校戦では一失点。3回戦の日本航空戦では3つの四球で満塁とした後 タイムリーを打たれる等 ストッパーの役目はまだ達成できていない様だ。 

将来の可能性

3番打者でチャンスに強いバッティングが持ち味だ。上述の投球内容では良くなかった日本航空戦もバッティングでは素晴らしい活躍をしている。 春以降マウンドに立ち続けるのか否か それはわからないが、あくまでもストッパー役として立ち続けるのであれば威圧感のあるフォームと球威は充分。あとはコントロールだけと思われる。 針の穴を通す様なコントロールでなくとも、とりあえず真ん中以外のストライクゾーンを通過させられる様になれば日川高校の投手層は間違いなく厚くなる。 打つべく時に打てる精神力とバッティング技術は素晴らしいので捕手専念でバッティングに重きを置いても山梨県を沸かせるだけの力は秘めている。

情報提供・文:2012.04.09  木内 慎治
  • 2012 年 4 月

関連選手

関連記事

選手検索

名前
高校
都道府県
学年
ポジション
投打

RANKING 人気記事