選手名鑑

坂田 光優 (足立学園)

応援メッセージを投稿する!
坂田 光優

坂田 光優

都道府県:
東京
高校:
足立学園
学年:
3年
ポジション:
投手
投打:
右/右
身長:
172cm
体重:
86kg
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

下記写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。

短評
 足立学園vs早稲田の対決。この試合で注目を集めていたのが、足立学園のエース・坂田 光優(3年)の投球である。高校2年の練習の時に145キロを出したが、この3年間、ケガが多く、野球に逃げたくなる時期もあったという。故障を防ぐために今年に入ってから上半身を中心に鍛えていき、172センチ87キロまでウエートアップ。また国公立大志望の坂田は学業専念のため、夏は出場しない考えもあったそうだが、コーチやOBの話し合いで夏の独自大会まで真剣に野球を取り組み、よりレベルアップすることを決めた。

 そんなエースを援護するべく、足立学園は一死一、二塁から4番上田涼平の中前適時打で1点を先制。その後も連打が続き、一気に3点を先制する。

 坂田は横回転気味が強いフォームから繰り出す直球は常時120キロ後半~133キロ(最速135キロ)を計測。1年生の時と比べると回転数の高いストレートは投げられるようになっている。ただ本人は「調子が悪く、自分としては思い通りのストレートは投げられませんでした」と語るように、140キロ台とは程遠い投球だったが、不調でも135キロ前後を投げられるほどの馬力を持っているのだろう。

 また120キロ前後のスライダーを織り交ぜ、打たせてとる投球でゲームメイク。

 その後も1点を追加し、大きな援護をもらった坂田は8回裏に1点を返されたが、坂田は7安打を打たれながらも、完投勝利。だが、坂田は自分の投球に満足していない様子だった。

「今日はコントロールが悪く、自分の思い通りの投球ができませんでしたが、それでもストライク先行の投球を心掛け、何とか打たせることができたと思います」

 コロナ感染拡大の影響で活動自粛で、モチベーションは落ちた時期もあったが、今では「真剣に野球をやり、1日でも長く高校野球をやりたいという思いしかありません」と、さらに勝ち続けることを誓った坂田。

 次なる相手は強豪の立正大立正だ。坂田の真価が問われる一戦となる。
情報提供・文:2020.07.19 河嶋 宗一
選手名鑑トップへ戻る
【関連記事】
立正大立正vs足立学園【東京都 2020年夏季東西東京都高等学校野球大会 東東京大会】
足立学園vs早稲田【東京都 2020年夏季東西東京都高等学校野球大会 東東京大会】
足立学園vs東京都市大等々力【東京都 2019年秋の大会 東京都大会 一次予選】
足立学園vs都立深川【東京都 2019年夏の大会 第101回選手権東東京大会】
足立学園vs淑徳【東京都 2019年夏の大会 第101回選手権東東京大会】
早大学院vs足立学園【東京都 2019年春の大会 春季東京都高等学校野球大会】
青山学院vs足立学園【東京都 2018年夏の大会 第100回選手権東東京大会】

コメントを投稿する

未掲載選手掲示板未掲載選手掲示板