選手名鑑

西川 僚祐 (東海大相模)

応援メッセージを投稿する!
西川 僚祐

西川 僚祐

都道府県:
神奈川
高校:
東海大相模
学年:
1年
ポジション:
外野手
投打:
右/右
身長:
185cm
体重:
94kg
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

下記写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。

短評
 中学時代はジャイアンツカップ優勝を経験した大型スラッガー。中学1年生、佐倉シニア入部時にあまりの体の大きさ、大人びた雰囲気に、渡会選手(現・横浜)は「どこかのお父さんかなと思ったら、同い年でびっくりした」と驚いたという。そんな西川はすでに遠くは飛ばす能力はずば抜けていたが、中学3年間は対応力を磨いてきた。結果、決勝戦で本塁打を打つなど、華々しい活躍を見せてきた。

 入学時、肘に不安があったが、今では元気よくプレー。打撃内容はまさにスーパーだ。1年夏では初打席で場外弾を放ち、その後も本塁打を重ね、2回戦の瀬谷戦で、高校通算17号本塁打を放った。打撃フォームを見ても無駄がなく、さらにフライボール革命を重視した打撃だ。
 スクエアスタンスで構え、グリップは肩の位置に置いて背筋を伸ばして構えている。投手の足が着地したところから始動を仕掛けていきながら、小さく足を挙げてまっすぐ踏み込んで打ちに行く。トップの動きを見ると捕手側方向へ大きく引いていきながらも、バットが体の奥に入りすぎない形となっている。スイング軌道を見ると内回りで、ボールの下をたたくスイング。インパクトに入ってから腰と軸足の回旋が鋭く、強い打球を生み出す形となっており、1年生としてはかなり高度な打撃フォーム。

 まだ変にボールを追いかけるところはあるが、2002年生まれの打者では一番の素材。今年のドラフト候補・野村大樹と比較しても負けていない選手で、奥行きは西川の方が上である。この先、高校生を代表するスラッガ―として君臨するか。西川が狙うは横浜スタジアム、甲子園でホームランを打つこと。それが実現することを期待したい。
情報提供・文:2018.09.16 河嶋 宗一
選手名鑑トップへ戻る
【関連記事】
横浜vs東海大相模【神奈川県 2018年秋の大会 神奈川県秋季大会】
東海大相模vs山北【神奈川県 2018年秋の大会 神奈川県秋季大会】
慶應義塾vs東海大相模【神奈川県 2018年夏の大会 第100回選手権記念 北神奈川大会】
東海大相模vs神奈川工【神奈川県 2018年夏の大会 第100回選手権記念 北神奈川大会】
常総学院vs東海大相模【2018年春の大会 第70回春季関東大会】
東海大相模vs花咲徳栄【2018年春の大会 第70回春季関東大会】
桐光学園vs東海大相模【神奈川県 2018年春の大会 神奈川県春季大会】
東海大相模vs横浜商大高【神奈川県 2018年春の大会 神奈川県春季大会】
東海大相模vs大師【神奈川県 2018年春の大会 神奈川県春季大会】

コメントを投稿する

未掲載選手掲示板未掲載選手掲示板