選手名鑑

吉岡 桃汰 (都立東大和南)

応援メッセージを投稿する!
吉岡 桃汰

吉岡 桃汰

都道府県:
東京
高校:
都立東大和南
学年:
3年
ポジション:
投手
投打:
左/右
身長:
180cm
体重:
73kg
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

下記写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。

短評
都立に現れた2018年の都立の星。
この春、最速140キロのストレートと縦に鋭く落ちるスライダーを武器に、34.2回を投げて63奪三振と驚異的な奪三振ペースで、「ドクターK」を襲名した。高校入学後は高田監督と二人三脚で投球フォーム矯正を試み、一度はサイドスローにする時期はあったが、オーバースローとなった。

意識も高く、もちろん高いステージでやりたいと意気込む。最後の夏は吉岡にとって野球人生がかかった大会となる。
試合レポートから抜粋
都立高校に要チェックの投手が現れた。都立東大和南の左腕・吉岡 桃汰。最速140キロのストレートに落差のあるスライダー、カーブで、都立淵江から奪った三振が何と22個。打者が実戦に慣れない、春先の試合であることを差し引いても、注目に値する存在であることは確かだ。

 この日の立ち上がりは、四球2個に淵江の5番・渡邊旺人に中前安打を打たれ1点を失った。しかし2、3、4回と走者は出すもののアウトは全て三振で奪った。その間に都立東大和南は、3回裏に9番・福山皓政の右前適時打で同点。4回裏には一死三塁から7番・前之園拓也の右犠飛で勝ち越した。吉岡の投球内容から、これで都立東大和南のペースかと思えたが、都立淵江都立城東の主将として甲子園の土を踏んでいる茶川剛史が監督として率いるチームだけに、簡単には引き下がらない。

 5回表には、9番・佐藤風我の二塁打、1番・日比谷将紘の右前安打に右翼手の失策も重なり同点に追いつく。その裏都立東大和南は、一死二、三塁から四球で出た三塁走者の福山が相手投手の暴投で生還。二死後、巨漢の4番・南里祥輔の右翼への打球を、淵江の右翼手が捕り損ないさらに1点を追加した。淵江は、守備は鍛えられており、随所に好プレーもあったが、肝心なところでミスが出た。
 それでも粘る都立淵江は7回表、四死球2個に捕逸もあり一死二、三塁とし、3番・山田玲央の中前安打で三塁走者の佐藤風が生還。二塁走者の滝歩斗も本塁を突いたが中堅手・原田遼からの好返球で滝は刺され、同点に追いつけなかった。結局このプレーが大きかった。吉岡は7回二死から、8、9回と7者連続三振を奪った。終わってみれば奪三振22の快投になった。

 「今までは完投自体がなかったので、こんなに三振を取ったのは初めてです」と吉岡。羽村三中時代は軟式野球で、主に一塁手をしていた。投手としての練習は高校に入ってから。「まず1勝できて良かったです。これからも気を抜かずにやっていきたいです」と吉岡。  まだ経験不足で、不安定さもあるが、それは、可能性を感じさせる部分でもある。今後の成長を楽しみにしたい。
情報提供:2018.06.16
選手名鑑トップへ戻る
【関連記事】
明学東村山vs都立東大和南【東京都 2018年夏の大会 第100回選手権西東京大会】
明学東村山vs都立保谷【東京都 2018年夏の大会 第100回選手権西東京大会】
都立東大和南vs都立淵江【東京都 2018年春の大会 春季大会 一次予選】
都立八王子北vs都立東大和南【東京都 2017年夏の大会 第99回選手権西東京大会】
都立東大和南vs都立羽村【東京都 2017年夏の大会 第99回選手権西東京大会】
芝vs都立東大和南【東京都 2017年春の大会 春季東京都高等学校野球大会】
日大三vs都立東大和南【東京都 2016年秋の大会 東京都大会】

コメントを投稿する

東京都地域応援スポンサー

東京都の地域スポンサー様を募集しております。

未掲載選手掲示板未掲載選手掲示板