選手名鑑

加藤 響 (東海大相模)

応援メッセージを投稿する!
加藤 響

加藤 響

都道府県:
神奈川
高校:
東海大相模
学年:
3年
ポジション:
遊撃手
投打:
右/右
身長:
178cm
体重:
73kg
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

下記写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。

寸評
 高校通算32本塁打の強打の二塁手。センバツデビューはならなかったが、夏の大会までアピールできれば、一気に評価は上がりそうだ。

(打撃)
 引っ張り傾向が強い右の強打者。高めに入れば、簡単にスタンドインをさせる長打力がある。

 そんな加藤の打撃を1つ1つ見ていくと、スクエアスタンスで歩幅を狭め、バットを寝かせて構えている。

投手の足に合わせて始動を仕掛けていき、左足を高々と上げていきながら、タイミングを測る。まっすぐ踏み込んでいき、しっかりと割れを作る。そのため、低めの球にも対応ができる。

 トップの動きを見ていくと深くとっていきながら、形成する。インパクトまでの動きを見ると、右ひじを折りたたみながら振り出しに入り、インパクトを迎える。内角球に対し、詰まらずにきれいに振りぬいており、昨年11月、森木 大智高知)から放った本塁打も内角球だった。

 軸のブレが小さく、外角球もしっかりとセンター方向へヒットにできており、対応力の高さが光る。

(走塁・守備)
一塁到達タイムは4.35秒前後と左打者ならば4.15秒で到達するほどの脚力を持っている。

守備はもともとショートを守っていて、肩の強さが売りだったが、セカンドではさらに守備範囲が広くなり、小刻みなステップで打球をさばき、鋭いスナップスローで次々とアウトにできており、守備力の高さも一級品だ。
将来の可能性
 打撃レベルは非常に高く、今年の東海大相模の選手の中でも欠点が少ない。守備、走塁も高いレベルにあり、高卒プロではなくも、強豪大学からマークされる存在となるだろう。

 恐怖の2番打者がこの1年、全国クラスの活躍を見せることを期待したい。

情報提供・文:2020.03.19 河嶋 宗一
選手名鑑トップへ戻る
【関連記事】
東海大相模vs相洋【神奈川県 2020年夏の大会 令和2年度神奈川高等学校野球大会】
東海大相模vs三浦学苑【神奈川県 2020年夏の大会 令和2年度神奈川高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs東海大相模【2020年甲子園高校野球交流試合】
高知vs東海大相模【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
健大高崎vs東海大相模【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
東海大相模vs習志野【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
東海大相模vs駿台甲府【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
東海大相模vs桐光学園【神奈川県 2019年秋の大会 神奈川県秋季大会】
東海大相模vs相洋【神奈川県 2019年秋の大会 神奈川県秋季大会】
東海大相模vs湘南工大附【神奈川県 2019年秋の大会 神奈川県秋季大会】

コメントを投稿する

神奈川県地域応援スポンサー

神奈川県の地域スポンサー様を募集しております。

未掲載選手掲示板未掲載選手掲示板