高校野球ドットコム

卒業生
松本 隆之介

松本 隆之介(横浜)

都道府県:
高校:
学年:
2021 年卒
ポジション:
投手
投打:
左/左
身長:
187 cm
体重:
75 kg
データ最終更新日:2018年5月19日

寸評

 今年の高校生左腕の中でトップクラスの評価を受けそうなのが松本隆之介である。1年生のときから出どころが見にくいフォームから140キロ中盤の速球を投げてきた大器は最終学年で大ブレイクする準備を続けている。

 昨秋の投球からドラフト上位指名を受ける可能性を持った逸材を取り上げていきたい。

(投球内容)
ストレートは昨秋の時点で常時130キロ後半~142キロ。スピードが出やすい球場では140キロ中盤~後半は出ていそうな勢いがあった。及川雅貴(阪神)のような豪速球ではない。ただ強く腕を振って、内外角へ投げられること。しかも189センチの長身から真上から振ることができるため、角度もある。
 相当打ちにくさがある。120キロ前半のチェンジアップは打者の手元で鋭く落ち、120キロ後半のスライダーも右打者の内角、左打者の外角に決まる。

 さらに110キロ前後のカーブも低めに決まる。

 剛速球とスライダーで押す及川と違って、松本は速球、縦、横の変化をバランスよく使う実戦派である。

 (投球フォーム)
 ノーワインドアップからゆったりと始動に入り、右足を巻き込んであげていき、軸足を曲げて立つ。実にバランスよく立つことができる。

 右足を一塁方向へ伸ばしていきながら、「くの字ステップ」をして、右足に勢いを与えて、強く踏み込んでいく。

 そこから右腕のグラブを高々と掲げて、テークバックは大きくとって、トップを作り、しっかりと胸を張る。胸郭を柔らかく使え、リリースの瞬間で一気に体を回旋させて、腕を振っていく。

 体幹を鋭く回旋させた勢いを腕の振りにしっかりと伝えられており、それが並外れたスピードにつながっている。

 フォームを見ても、上半身と下半身が連動できており、うまく強弱をつけた投球フォームで完成度の高さを感じる。

将来の可能性

 高身長を生かした実戦度が高い投球フォーム、ストレートの速さ、キレ、変化球の精度の高さ、制球力の高さは申し分ないものがあり、今年の高校生左腕ではトップレベルである。

 体重も増えて、球速も速くなっている情報を聞く。ぜひ独自大会が開催され、成長した姿を見せることを期待したい。

情報提供・文:2020.06.09  河嶋 宗一

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。

関連選手

チームメイト(高校)

その他の関連選手

関連記事

選手検索

名前
高校
都道府県
学年
ポジション
投打

RANKING 人気記事