高校野球ドットコム

卒業生
江口 昌太

江口 昌太(鹿児島工)

都道府県:
高校:
学年:
2013 年卒
ポジション:
投手
投打:
右/右
身長:
180 cm
体重:
81 kg
データ最終更新日:2012年4月5日

寸評

 この春、鹿児島で話題になっているのが、江口 昌太投手。スカウト達も注目するこの投手の投球を、昨夏の鹿児島大会で確認できた。確認したのは、鹿児島大会の準々決勝・鹿屋中央戦。コールド直前の、僅か1イニングの投球のみだった。

(第一印象)

 投球の殆どは、135キロ級の球威のあるストレートで押してきます。確かにボールの勢い・球威もあり、いかにもプロスカウトが好みそうな、ボリューム感のある球を投げ込んできます。一冬越えて140キロ台を記録するようになり、ドラフト候補として浮上してきているというのも頷ける話です。

(長所)

 足を勢いよく、高い位置まで引き上げます。その作り出しエネルギーを、足の甲でしっかり地面をおさえて後の動作に伝えます。あとは、ボールに上手く体重が乗せられるようになると、打者の手元まで素晴らしい球が行くようになりそうです。

 グラブの抱えが、最後少し甘くなる部分はあります。しかし足の甲での地面の押し付けもできており、ボールはそれほど上吊りません。更にボールを前で放せているなど、球持ちは好いように見えます。そういった意味では、それほど制球に不安があるタイプではないのかもしれません。

(課題)

 「着地」までの粘りがもう一つで、打者にとってはタイミングが合わせやすい淡白なフォーム。更に体の「開き」も早く、ボールの出所も見やすい欠点があります。この辺を改善してゆかないと、せっかくのストレートを充分活かすことができません。

 私の観た試合では、リリーフということもあって、変化球はカーブを一球投げたのみでした。そのため変化球の精度や投球を組み立てといった部分が、どの程度できるのかは疑問が残りました。それでも一冬超えた春季大会では、ロースコアでの負けだったことからも、素材型というほどの荒々しさではないのかもしれませんが。

将来の可能性

 僅か1イニングのみの投球だったので、細かい部分ではよくわかりませんでした。しかし馬力もありそうですし、好いストレートを投げられる素材。そういった良さは、充分に伝わってきました。

 一冬越えて、着実に成長しているようです。夏の鹿児島大会までに、更に実戦的な投球も高めて欲しいですね。すでに春季大会では破れてしまったようですが、夏にはぜひ確認したいニュースター候補です。

情報提供・文:2012.04.04  蔵建て男
  • 2012 年 4 月

関連選手

関連記事

選手検索

名前
高校
都道府県
学年
ポジション
投打

RANKING 人気記事