選手名鑑

中田 惟斗 (大阪桐蔭)

応援メッセージを投稿する!
中田 惟斗

中田 惟斗pro2019

都道府県:
大阪
高校:
大阪桐蔭
学年:
3年
ポジション:
投手
投打:
右/右
身長:
180cm
体重:
78kg
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

下記写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。

短評
 和歌山御坊ボーイズから140キロ台の速球を投げられ、地上波のバラエティー番組でも登場するなど鳴り物入りで入部した中田だが、下級生の時から思うような実力を発揮できなかった。2年春で先発した中田は130キロ後半は数球ぐらいで、130キロ中盤がほとんど。コントロールもままならなかった。その理由として不安定なフォームにある。当時の中田は大きく顎が上がり、軸のブレが目立つ投球フォームだった。

 ただこの夏はフォームが大きく改善。顎が大きく上がることは少なくなり、フォームのブレが少なくなり、恵まれた体格、パワーを最大限に発揮できるようになった。立ち上がりから140キロ台を連発。中田の球速を7イニング測ったが ストレート36球中、うち140キロ以上が30球と平均球速140.41キロと格段にレベルアップしていた。

 8回でも143キロを計測しており、延長戦になってもその勢いは衰えることはなかった。また速球以外でも変化球のレベルも高く、120キロ後半のフォーク、120キロ前半のスライダー、120キロ後半のカット系の変化球は低めに投げることができていた。

 中田は「終盤になっても疲れはなかったですし、このように終盤でも勢いあるストレートを投げることができたのは、メンタル面を鍛えてきて、負けられない気持ちがあったからだと思います」とメンタル面の成長を挙げたが、技術的な側面で見ていくと、無駄な力が入らない投球フォームにしたことも大きかった。

 200球を投げ、サヨナラ負けに終わり、「去年の秋、今年の春と悔しい負けをしているので、この夏こそという思いで投げてきましたが、こういう形で悔しいです」と涙を流しながら振り返った。
 ただこうも振り返った。
「投手として自分の仕事はできたと思います。ただ相手投手が上でした」
 13.1回を投げ、被安打7、12奪三振、4失点とこの内容に責めるものは誰もいないだろう。こと平均球速に関しては2017年のエース・徳山 壮磨の同時期と比べると上であり、キレ型の徳山と比べて、中田は威力型。簡単には飛ばない力強さが中田にはあり、2018年のエース・柿木 蓮に近い投手へ成長した。

 改めて数字にしたことで見えてくる中田の成長度。どのステージに進むかはわからないが、これからも努力を重ねていけば、今以上に脚光を浴びる時が来るだろう。それだけの可能性を感じさせるボールを投げ込んでいた。
情報提供・文:2019.07.26 河嶋 宗一
選手名鑑トップへ戻る
【関連記事】
金光大阪vs大阪桐蔭【大阪府 2019年夏の大会 第101回選手権大阪大会】
玉野光南vs大阪桐蔭【2019年 練習試合(交流試合)・春】
大阪桐蔭vs関西【2019年 練習試合(交流試合)・春】
智辯和歌山vs大阪桐蔭【2018年秋の大会 平成30年度秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs橿原【2018年秋の大会 平成30年度秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs関大北陽【大阪府 2018年秋の大会 秋季近畿地区高校野球大会 大阪府予選】
大阪桐蔭vs済美【2018年  福井しあわせ元気国体2018】
大阪桐蔭vs下関国際【2018年  福井しあわせ元気国体2018】
大阪桐蔭vs金足農【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
大阪桐蔭vs済美【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】

コメントを投稿する

未掲載選手掲示板未掲載選手掲示板