選手名鑑

岩崎 巧 (前橋商)

応援メッセージを投稿する!
岩崎 巧

岩崎 巧

都道府県:
群馬
高校:
前橋商
学年:
2014年卒
ポジション:
投手
投打:
左/左
身長:
180cm
体重:
70kg
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
寸評
 1年春から主戦投手として活躍してきた岩崎巧。春ではエースとして三季連続関東大会出場を導いた。関東大会では技術的に行き詰っていたのか。本来の出来ではなかった。

(投球内容)
 常時130キロ~135キロ
県大会では最速140キロも計測したといわれるが、この試合は130キロ~135キロ前後とあまりスピードは出ておらず、抜球が多く、球速表示ほどボールは来ていない。投げている本人も首をかしげるようなストレートであっただろう。

 変化球はスライダー、カーブ、チェンジアップ、シュートと多彩な変化球を織り交ぜ、ストレートと変化球のコンビネーションで空振り三振を量産していくタイプであろう。

 ただ下妻二戦ではストレート、シュートが高めに抜けており、ひやひやとさせられるボールが多く、打撃力が高いチームでは大量失点するのも否めない内容であった。2回戦では打撃力と集中力の高さが光る横浜隼人と対したが、終盤に勝ち越し点を与えるなど計6失点。強豪校と対すると大量失点。この壁を乗り越えられるかが彼がドラフト候補に相応しい投手に成長するかの大きなカギになりそうだ。

(投球フォーム)
 ワインドアップから始動する。右足を勢いよく上げていき、左足の膝を適度に曲げて立つ。足の上げのバランスは悪くない。右足を一塁方向へ伸ばしていきながら、重心を少しずつ下げていく。お尻から先行する「ヒップファースト」が取れており、下半身主導のステップが出来る。捻りを入れるので、縦の変化球の習得も可能であろう。

 前膝の開きを抑えるためか、踏み込んだ右足を一塁方向へ踏み出すインステップをしている。打者のタイミングを外す意味で、着地までの粘りを気にしている様子を見られるが、そこを意識しすぎて、その後の体重移動の部分でミスマッチしているように見られる。

 右腕のグラブの抱えを見ると右胸に抱え込んで、右肩を下げる独特の使い方。こういう下げ方をする投手は開きが早くなる傾向が見られる。そのため出所が見やすくなる。グラブがすりぬけてしまっているので、右腕の使い方はあまり上手くない。この部分の動作をもう少し追究していってほしい。

 テークバックは体の近くで旋回することが出来ていて、左肘も上がっている。左腕の使い方は問題ないが、リリース時にボールの押し込みが弱く、強く腕を振ることが出来ていない。私が彼の投球で物足りなさを感じるのはリリース時の押し込みの弱さが一因ではないだろうか。そして体重移動。踏み込んだ足が突っ張り気味になり、滑らかな体重移動が実現出来ていない。

 最後まで指先に力を伝えた上で、鋭く腕を振ることが出来ていない。体重移動でよろけてしまうのを見ると、まだ下半身の鍛錬が少ない投手に見える。下半身の強化で、足上げのバランスがぐっと良くなり、体重移動も滑らかになるとボールの質、コントロールも改善されていくのではないだろうか。
将来の可能性
 投球内容、投球フォームともに行き詰まりが感じられる内容で、特に右打者の外角高めに抜ける球を痛打されやすい傾向は1年春から変わっていない。全国レベルのチームと対すると壁にぶち当たりそうな不安を覚える。

 特に群馬県は全国レベルの機動力を誇る健大高崎が存在するが、このチームに勝つには投球内容、牽制、クイック技術を高めていかなければならない。足でプレッシャーをかけられてもそれを持ちこたえるメンタルの強さも求められる。関東大会の投球を見ると、まだ課題は残すものの、課題に向き合って真摯に取り組んで、素質を伸ばすことが出来れば、健大高崎を止められる能力、技術は秘めている。

 夏まで残り少ないが、密度の濃い一日を過ごして、群馬県を代表する本格派左腕に相応しいパフォーマンスを示すことが出来るか注目していきたい。
情報提供・文:2012.06.06 河嶋 宗一
選手名鑑トップへ戻る
【関連記事】
前橋工vs前橋商【群馬県 2013年夏の大会 第95回選手権群馬大会】
関東大会特別観戦記【2012年春の大会 第64回春季関東地区高等学校野球大会】
前橋商vs下妻二【2012年春の大会 第64回春季関東地区高等学校野球大会】
前橋育英vs前橋商【群馬県 2012年春の大会 群馬県春季大会】
前橋工vs前橋商【群馬県 2011年夏の大会 第93回群馬大会】
専大松戸vs前橋商【2011年春の大会 平成23年度春季関東地区高等学校野球大会】

コメントを投稿する

未掲載選手掲示板未掲載選手掲示板