選手名鑑

山口 航輝 (明桜)

応援メッセージを投稿する!
山口 航輝

山口 航輝pro2018

都道府県:
秋田
高校:
明桜
学年:
3年
ポジション:
投手
投打:
右/右
身長:
181cm
体重:
85kg
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

下記写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。

短評
秋田から現れたミレニアム世代の逸材。それが山口航輝だ。

観戦レポートより抜粋(2017年6月8日
 そしてエースの山口。県大会ではリリーフとして好投を続け、2年生ながら最速145キロまで計測した本格派右腕である。181センチ85キロと体格自体も素晴らしい。だが立ち上がりは「最悪でした」と振り返るように、130キロ後半程度。それでも、手元でぐっと伸びるストレート、125キロ前後のスライダー、125キロ前後のスプリットを織り交ぜ、いきなり2三振を奪う好投。3回まで無安打に抑える好投を見せる。

 山口はノーワインドアップから始動し、左足をひざ元まで上げていきながら、右足の膝を適度に伸ばしてバランス良く立つ。そこから左足の膝を適度に伸ばしてかかとから着地するフォーム。左腕のグラブを斜めに伸ばし、開きを抑える動作を見せる。テークバックの動きを見ると、内回りの旋回をしていきながら、しっかりとトップを作り、リリースに入る。打者寄りで入ることができている。

 フォームの土台も良く、尻上がりから調子を上げて、最速143キロを計測し、140キロ以上は10球を計測。ストレートのアベレージも高く、変化球の精度も高く、評判に違わない投球を見せた。ミレニアム世代では、トップクラスに位置する投手であることは間違いない。

 本人によると、調子は秋田県大会ほどではなかったとか。それでも、そういう中で試合を作れたのは良かったと口にして、調子が悪い中でどう投球をするのかを課題にしていた。また輿石監督、先輩にも恵まれ、「絶対に甲子園に行きたい」と意気込む山口。夏での快投を期待したい。
情報提供・文:2017.06.08 河嶋 宗一
選手名鑑トップへ戻る
【関連記事】
二松学舎大附vs明桜【第99回全国高等学校野球選手権大会】
八戸学院光星vs明桜【2017年春の大会 第64回(平成29年度春季)東北地区高等学校野球大会】
東海大山形vs明桜【2016年春の大会 第63回(平成28年度春季)東北地区高等学校野球大会】

コメントを投稿する

未掲載選手掲示板未掲載選手掲示板