選手名鑑

石川 昂弥 (東邦)

応援メッセージを投稿する!
石川 昂弥

石川 昂弥

都道府県:
愛知
高校:
東邦
学年:
3年
ポジション:
投手・三塁手
投打:
右/右
身長:
185cm
体重:
87kg
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

下記写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。

短評
試合レポートから抜粋
東邦石川 昂弥の両エースの好投で緊迫した勝負となった。特に石川の投手としての成長ぶりは素晴らしいものがある。

 ステップ幅が狭く、体をあまりひねらない投球フォーム。日本人にはなく、中南米の投手を見ているような投げ方だが、非常にコントロールが良い。準決勝まで3試合の投手成績は22イニング、2失点、6四死球と抜群の安定感を見せている。

 東邦バッテリーがポイントに置いていたのが内角攻めだ。捕手・成沢 巧馬は配球の意図についてこう説明する。

明石商打線は打球も強いし、逆方向にも強い打球が打てる。いかにスイングをさせないことが大事なので、インコースにどれだけ強いボールを投げて、外角にしっかりと直球と変化球を投げてフルスイングさせない配球を心がけました」
それはピタリとはまるもの。石川は140キロ前後のストレートをインコースへ強いストレートが投げられて、一辺倒にならず外角へストレートとスライダーを集めることができる。明石商打線はインコースへ強いストレートを投げられるのは、想定していた。ただ狭間監督は「見極めができず、仕留めきれなかった」と悔やむ。明石商打線を抑えることができたのはコントロールだと捕手の成沢は説明する。
「もともと秋からコントロールは良かったのですが、春にかけてその精度が増したと思います。ボールギリギリのところを数球続けてコントロールできるのが石川の凄さです。でも投手を始めた期間は短いんですよ。しかもあの投げ方でコントロールできるのは天才としかいいようがありません」

右サイドの奥田も同調する。

「秋からコントロールできる投手でした。僕はあいつより投手やっている期間は長いのに、コントロールに苦しんでいるんですけど、あいつは特に理論的なものはなく、投げ方も野手投げっぽいのに、感覚でできるですよね。本当に天才です」  

 読者の皆さんも自分が好きな投手のフォームと石川の投球フォームを見比べながらイメージしてほしい。それでハイクオリティな投球を見せる石川がどれだけ異質な投手なのかが理解できるはずだ。
情報提供・文:2019.04.02 河嶋 宗一
選手名鑑トップへ戻る
【関連記事】
東邦vs習志野【第91回選抜高等学校野球大会】
東邦vs明石商【第91回選抜高等学校野球大会】
東邦vs筑陽学園【第91回選抜高等学校野球大会】
東邦vs広陵【第91回選抜高等学校野球大会】
東邦vs富岡西【第91回選抜高等学校野球大会】
八戸学院光星vs東邦【2018年 第49回明治神宮野球大会】
東邦vs中京学院大中京【2018年秋の大会 第71回秋季東海地区高等学校野球大会】
東邦vs中京大中京【愛知県 2018年秋の大会 第71回愛知県高校野球選手権大会】
東邦vs至学館【愛知県 2018年夏の大会 第100回選手権西愛知大会】
大阪桐蔭vs東邦【2018年 練習試合(交流試合)・春】
コメント (2)
ドラフト注目視!!2019.07.07 地元のおっちゃん
気負わず振りぬけば、打球はスタンドイン\(◎o◎)/!
令和の甲子園も東邦から~( ^)o(^ )
これは凄い選手になる2018.10.08 ぷっぺ
これから筋肉付けて大きくなれば、将来プロでクリーンナップを打てるようになる。

コメントを投稿する

未掲載選手掲示板未掲載選手掲示板