選手名鑑

山田 將太 (近江)

応援メッセージを投稿する!
山田 將太

山田 將太

都道府県:
滋賀
高校:
近江
学年:
2013年卒
ポジション:
投手
投打:
右/右
身長:
170cm
体重:
70kg
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
寸評
 近江三本柱の一人で、選抜光星学院戦では、終盤に登場し140キロ台を連発致しました。曲がりながら落ちる、カーブようなスライダーとのコンビネーションで、投球を組み立ててきます。光星学院戦ではスライダーは打たれましたが、ストレートは強力打線相手にも充分通用することを証明した試合でもありました。

(第一印象)

 170/70 とそんなに小さいんだと思わせるほど、マウンドでは大きく見せる投手。フォームは非常にオーソドックスで、癖のない投球をします。そこから繰り出されるストレートには、勢いと球威があります。更に今後パワーアップするに従い、存在感のあるボールが投げられるのではないのでしょうか。

<長所>

 お尻を一塁側に落とせる貴重な投手なので、もう少し着地までの粘りが出てくれば、もっと好い変化球が期待できます。カーブで緩急を効かせられるだけでなく、縦の変化の修得も無理になくできるのではないのでしょうか。

 お尻を落とせることで、体を捻り出すのに無理がありません。腕も上から放りますが、けして肩にも無理のない腕の振り。体も頑強ですし、フォームに無理がないので、故障し難いタフな活躍が見込まれます。

 グラブを内に最後まで抱えられているので、両サイドの投げ分けも安定。足の甲で地面を押し付けられているので、ボールもそれほど上吊りません。ボールも比較的前で放せており、指先の感覚を磨けば将来高い制球力が期待できるのではないのでしょうか。

<課題>

 特に悪いと言うわけではないのですが、「着地」まで粘りが平均的で、体の「開き」も並です。フォームもオーソドックスなので、打者としては、それほど苦になりません。もっと打者から、嫌がられるような投球を追求すべきではないのでしょうか。

 振り下ろした腕が、体に絡んできません。そのため速球と変化球の違いを見破られやすいですし、ボールにもまだ、うまく体重が乗せきれているとは言えません。けして土台は悪くないので、意識次第では大きく改善される可能性を秘めています。
将来の可能性
 非常に投手としては、教科書にしたいようなバランスの好いフォームをしています。体にも力がありますし、将来的にはまだまだ成長が見込めるのではないのでしょうか。

 ただ現状は、まだ相手に嫌がられる投球というよりは、自分の好い球を投げるのに精一杯といった感じは致します。しかしランナーを背負ってから、投げ出すまでの「間」をじっくり取るなど、そういった意識が全くないわけではないと考えられます。どんどん吸収して行ける、そんな可能性を感じさせます。今後もどのぐらいの投手にまでなるか、注目して見守って行きたいと思います。
情報提供・文:2012.04.22 蔵建て男
選手名鑑トップへ戻る
【関連記事】
近江vs高島【滋賀県 2012年夏の大会 第94回選手権滋賀大会】
光星学院vs近江【2012年春の大会 第84回選抜高校野球大会】
近江vs高崎【2012年春の大会 第84回選抜高校野球大会】
天理vs近江【2011年秋の大会 平成23年度秋季近畿地区高校野球大会】
近江vs奈良大付【2011年秋の大会 平成23年度秋季近畿地区高校野球大会】
近江vs育英【2011年秋の大会 平成23年度秋季近畿地区高校野球大会】
近江vs石山【滋賀県 2011年秋の大会 秋季滋賀県大会】
近江vs高島【滋賀県 2011年秋の大会 秋季滋賀県大会】
近江vs伊香【滋賀県 2011年秋の大会 秋季滋賀県大会】
近江vs水口【滋賀県 2011年夏の大会 第93回滋賀大会】

コメントを投稿する

滋賀県地域応援スポンサー

滋賀県の地域スポンサー様を募集しております。

未掲載選手掲示板未掲載選手掲示板