選手名鑑

吉村 昂祐 (天理)

応援メッセージを投稿する!
吉村 昂祐

吉村 昂祐

都道府県:
奈良
高校:
天理
学年:
2013年卒
ポジション:
遊撃手
投打:
右/右
身長:
188cm
体重:
82kg
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
寸評
 近畿地区を代表する大型遊撃手・吉村 昂祐。プレースタイルといい、体格といい、ヒットゾーンといい大田泰示を彷彿とさせる選手だ。卒業後は天理大に進むが、恵まれたポテンシャルを発揮させることができるか。

(打撃)
 なぜ大田と似ているかというと、大田と同じように高めのゾーンにかなり強いからだ。そして巻き込んでレフト方向へ強い打球を飛ばせるところと低めの変化球に脆さがある点も似ている。

 スタンスはスクエアスタンス。グリップは肩の位置において背筋を伸ばして構えている。背筋がしっかりと伸びて投手を両目で見据えて構える事ができているが、上体が高く、低めを捌くのが難しい構え。構えから大田と似ている。投手の足が降りたところから始動を仕掛けていき、小さく足を上げて真っ直ぐ踏み込んで打ちに行く。トップの動きを見ていくと捕手側方向まで引いていくが、あまり深く取らない。ムダを省くために動作を小さくしている。

 下半身の動きを見ていくと上体が高く、膝が割れない状態で打ちに行くので、低めには弱く、ヒットゾーンは自分が振りやすい高めになる。膝の開きが早く、長い腕を巻き込んでうちに行くので、引っ張りの打球が多い。たまに外角に対しては押し込んで右方向への打球が多くなったのは成長点だ。

(守備・走塁)

 ショートの守備は上体が高い状態となるので、ボールに対してうまくバウンドをあわせることができていない。そのため正面に入っていても、しっかりと捕球できずにワンテンポ遅れる事が多い。フットワーク自体も硬く、地肩の強さに頼ったプレーが多いので、守備の課題はかなり多い。個人的には外野手向きの選手なのではないかと思う。
 
 塁間タイムは4.4秒前後を計測。右打者に換算すると4.10秒~4.20秒前後で駆け抜けるタイムで、大型選手としては脚力もそれなりにある選手だ。
将来の可能性
 類まれなポテンシャルを持った逸材だが、技術的に荒削りで、非常に時間がかかる素材であり、大学4年間で、プロ、社会人に通用する技術を築きあげる事ができるか。天理大に進学してからも期待の逸材として1年目から起用されることが多くなることが予想されるが、そこから段階を追って成長を見せてくれるのか注目していきたい。
情報提供・文:2012.12.30 河嶋 宗一
選手名鑑トップへ戻る
【関連記事】
県立岐阜商vs天理【2012年 第67回ぎふ清流国体】
大阪桐蔭vs天理【第94回全国高校野球選手権大会】
大阪桐蔭vs天理【第94回全国高校野球選手権大会】
天理vs浦和学院【第94回全国高校野球選手権大会】
天理vs浦和学院【第94回全国高校野球選手権大会】
天理vs鳥取城北【第94回全国高校野球選手権大会】
天理vs宮崎工【第94回全国高校野球選手権大会】
天理vs畝傍【奈良県 2012年夏の大会 第94回選手権奈良大会】
天理vs郡山【奈良県 2012年夏の大会 第94回選手権奈良大会】
智辯学園vs天理【奈良県 2012年春の大会 平成24年度春季奈良県大会】

コメントを投稿する

未掲載選手掲示板未掲載選手掲示板