選手名鑑

諏訪 洸 (下妻二)

応援メッセージを投稿する!
諏訪 洸

諏訪 洸

都道府県:
茨城
高校:
下妻二
学年:
2013年卒
ポジション:
投手
投打:
左/左
身長:
168cm
体重:
68kg
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
寸評
 今年の茨城県を代表する左腕。上背はないが、130キロ前後の快速球と切れのある変化球で勝負する好左腕である。前橋商業戦では県大会の疲労もあり、本来のピッチングは出来なかったようだが、偶に来る切れ味鋭いストレートは茨城を代表する左腕と思わせるものがあった。

(投球内容)
 ストレート 常時125キロ~130キロ前半 135キロ
 
 ストレートのスピードはおよそ130キロ台。最速で135キロまで計測するが、次のステージに進んでも急激にスピードは伸びることはないと考えられる。指先にしっかりと力を伝えることが出来ており、手元でも失速しないストレート。空振りを奪うというより、コーナーギリギリに決めて見逃し三振を狙う配球をしている。

 変化球はスライダー、カーブ、スクリューを投げ分ける。ストレートは右打者、左打者ともに内外角に投げ分けながらピッチングを組み立てていき、合間を見てカーブを織り交ぜる。カーブの比率はストレートに次いで多い。右打者の外角にスクリューを使い、身体を泳がせて内野ゴロを誘うピッチングを得意としている。

 前橋商業戦ではストレートが抜けることが多かったものの、徐々に調子を上げていき、キレのあるストレートを軸に、変化球を織り交ぜる配球で、ゲームメイクしたのは見事だ。

(投球フォーム)
 ノーワインドアップから始動する。右足をゆったりと上げていきながら、左足の膝を適度に曲げていきながら、真っすぐ立つ。

 右足を一塁方向へ傾けながら、少しずつ重心を下げていき、右ひざを適度に曲げてインステップ気味に踏み込む。ステップ幅は狭く、下半身の粘りがないように見えるが、右足はあっさりと下ろさずに、送り込んで着地することは出来ており、タイミングを遅らす意識はあるのではないだろうか。

 右腕のグラブを斜めに伸ばしていきながら、開きを抑えていき、左肘を折り畳みながらテークバックを取っていき、左肘を上げることが出来ている。余計な体な開きがなく、ロスするこることなくボールを伝えることが出来ている。そしてリリース。打者寄りでリリースすることが出来ており、しっかりとボールを伝えることが出来ている。

 最後のフィニッシュでは踏み込んだ足が突っ張ることなく投げ終えることが出来ており、体重移動もロスがなく、バランスの良い投球フォームとなっている。

 疲労で調子を崩しているということであったが、投球フォームを見る限り、上半身と下半身のバランスも良かったし、特に注文を付けるところはない。ただ体力的なモノに課題がありそうで、体幹・下半身などを鍛えていけば、もっとフォームの安定感は出ていくのではないだろうか。
将来の可能性
 投球の型は出来ている投手であり、まさに好投手という印象を受けた。彼ならば終始投球をくずすことなく試合を作っていけると思うので、やはり甲子園に近いラインまで勝ち進んでいくことが予想される。あとは常総学院水戸商といった強力打者を揃えたチームを抑えられるように、ストレートに球速差をつけたり、同じ変化球でも変化の差をつけたりと創意工夫が求めていくことも大切だろう。

 あとは真夏を耐えうる調整法を確立して、下妻二のエースとして聖地に辿りつくことが出来るか注目していきたい。
情報提供・文:2012.06.07 河嶋 宗一
選手名鑑トップへ戻る
【関連記事】
関東大会特別観戦記【2012年春の大会 第64回春季関東地区高等学校野球大会】
前橋商vs下妻二【2012年春の大会 第64回春季関東地区高等学校野球大会】
横浜vs下妻二【2011年秋の大会 第64回秋季関東地区高等学校野球大会】
常総学院vs下妻二【茨城県 2011年春の大会 茨城県春季大会】
下妻二vs土浦湖北【茨城県 2010年秋の大会 秋季茨城県大会】
日大鶴ケ丘(東京1位)vs下妻二(茨城1位)【2010年春の大会 第62回関東地区高校野球大会】

コメントを投稿する

未掲載選手掲示板未掲載選手掲示板