高校野球ドットコム

卒業生
三谷 健士
プロ志望届提出者リスト

三谷 健士(文徳)

都道府県:
高校:
学年:
2019 年卒
ポジション:
三塁手
投打:
右/右
身長:
172 cm
体重:
63 kg
データ最終更新日:2017年2月7日

関連選手

プロ志望届提出選手

チームメイト(高校)

その他の関連選手

寸評

 旧チームからスタメンで出場していた選手で、1生ながら夏の熊本大会では6番・三塁手として出場。思いっきりの良いスイングが、印象的な選手だった。

(守備・走塁面)

 一塁までの塁間は、右打席から4.4秒前後で到達。これを左打者に換算すると、4.15秒とプロの基準レベルを満たす脚力の持ち主。

 三塁手としては、やや下がって捕球したりと危なっかしさはまだ残っている。それでも地肩は基準レベルはあり、最終学年までにはそれなりの内野手には育ちそう。

(打撃内容)

 まだまだ打ち損じは多いものの、スイングが強く思いっきり振ってくる。現状は引っ張り中心の打撃のようだが、今後いかに幅を広げて行けるか?

<構え> ☆☆

 前の足を軽く引いて、グリップを高めに添えます。腰のすわりは良いものの、両眼で前を見据える姿勢が悪く、全体のバランスとしてはどうでしょうか?

<始動> 早め

 投手の重心が下がる時に動き出す、早めのタイミング。これは、アベレージヒッターなど対応力を重視した打者に多くみられます。

<下半身> ☆☆☆

 足を引き上げて回し込み、ベース側に踏み込むインステップ。始動~着地までの「間」はとれており、速球でも変化球でもスピードの変化には幅広く対応。

 ベース側に踏み込むように、外角を強く意識したスタイル。ただし踏み込んだ足元が早く地面を離れてしまうので、右方向への打撃は厳しく引っ張り専門の打者のように感じます。外角の難しい球を無理に引っ張ってしまうと、どうしても引っ掛けてしまうケースが増えてしまいます。将来的には、コースに逆らわないセンターから右方向への打球も身につけたいところ。

<上半身> ☆☆☆☆

 打撃の準備であるトップの形は早めに作れており、速い球も立ち遅れません。バットの振り出しにも癖はなく、ボールを捉えるまでに大きなロスは感じません。最後まで、しっかり振り切れています。

<軸> ☆☆☆

 足の上げ下げはあるものの、目線の上下動は少なめ。足が早く地面から離れるので、逃げてゆく球や低めの球に対し開きが我慢ができません。外角の球を捌くときは、足元がブレないようなバランスの良いスイングを心がければ、センターから右方向への打撃もできるようになるでしょう。軸足の形は崩れていないので、軸を起点にキレイな回転でスイングできています。

将来に向けて

 ボールを捉える技術には課題を残しますが、振りが早く将来が非常に楽しみなスイングをしています。順調に精進を続けて行ければ、3年夏には県下を代表する打者に育ってゆくのではないのでしょうか。期待して、今後も見守ってゆきたい選手でした。

情報提供:2017.02.07
  • 2017 年 2 月

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。

関連記事

選手検索

名前
高校
都道府県
学年
ポジション
投打

RANKING 人気記事