選手名鑑

中野 良紀 (愛工大名電)

応援メッセージを投稿する!
中野 良紀

中野 良紀

都道府県:
愛知
高校:
愛工大名電
学年:
2014年卒
ポジション:
遊撃手
投打:
右/左
身長:
178cm
体重:
78kg
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
寸評
 旧チームからのレギュラーで、実績・経験豊富な選手。最後の夏は、4番・遊撃手として、攻守の要として活躍しました。ただ夏の甲子園では、3打数1安打。初戦の聖光学院戦で敗れてしまい、もう少し見てみたかった選手です。

(第一印象)

 プレーが攻守に洗練されていて、センスの良さを感じます。ドラフト候補のような凄みはありませんが、ハイレベルな世界を渡り歩いて行けそうな選手ではないかと。

(守備・走塁面)

 驚くような肩はないのですが、ボール捌きがうまく、難しい体勢からでもうまくアウトにつなげます。派手なプレーで魅了するのではなく、安定感が売りで基本に忠実なプレーヤー。そのため上のレベルでも、ニ遊間を担うことになるでしょう。

 一塁までの塁間は、4.2秒台と平均的。それでも愛知予選の6試合で4盗塁を決めたように、積極的な走塁が光ります。守備も走力も、上のレベルに混ぜても中の上レベルはあるのではないのでしょうか。

(打撃内容)

 昨年まではさほど印象が残らなかったのですが、最後の夏のボール捌きは天才肌なんではないかと思いました。夏の愛知予選では、打率.435厘を残し本格化していました。

<構え> ☆☆☆☆

 前足を少しだけ引いて、カカトを浮かして構えます。グリップの高さは高めで、腰を据えるというよりは背筋をしっかり伸ばします。両目で前を見据える姿勢・全体のバランスもよく、理に適った構えでしょう。特にアゴをグッと引いて、打席での集中力を感じます。

<始動> 早め

 投手の重心が下る時に動き出す、典型的なアベレージ打者の打ち方です。チームの4番を担ったのは、その圧倒的な打撃能力ゆえではないのでしょうか。

<下半身> ☆☆☆☆

 始動~着地までの「間」が取れているので、速球でも変化球でも合わせやすい打ち方。軽く歩幅を狭くしながらアウトステップするように、内角を意識した打ち方です。それでも踏み込んだ足元もブレないので、真ん中~高めの外角球ならば、充分対応できるのではないのでしょうか。

<上半身> ☆☆☆

 少しバットを引くのが遅く、しっかりトップを作れないのが気になります。バットの振り出しも、けしてインサイド・アウトで出てくるわけではないので、内角の捌きが窮屈なのが気になります。それでも外の球には素直にバットが出てくるし、バットの先端であるヘッドを立てて、うまくボールを拾います。スイングはコンパクトで、典型的なミート重視の打者ではないのでしょうか。

<軸> ☆☆☆

 足の上げ下げがあるので、目線の動きは平均的。体の開きは我慢でき、軸足にも粘りを感じます。アウトステップですが、外角や低めの球にもついて行けそう。
将来の可能性
 下級生までのイメージは、適度に三拍子まとまっていて、インパクトに欠ける優等生タイプ。しかしグラブ捌きやバット捌きの巧みさを見ると、かなりの天性肌だったのかと驚きます。恐らく中央の有力大学あたりに進みそうな選手なので、そういったハイレベルな世界で、どのぐらいの実績を残せるのか気になります。今後も注目してゆきたい、気になる存在でした。
情報提供・文:2013.08.20 蔵建て男
選手名鑑トップへ戻る
【関連記事】
聖光学院vs愛工大名電【第95回全国高校野球選手権記念大会】
愛工大名電vs愛知黎明【愛知県 2013年夏の大会 第95回選手権愛知大会】
愛工大名電vs豊田西【愛知県 2013年夏の大会 第95回選手権愛知大会】
浦添商vs愛工大名電【第94回全国高校野球選手権大会】
愛工大名電vs東邦【愛知県 2012年夏の大会 第94回選手権愛知大会】
愛工大名電vs豊田西【愛知県 2012年夏の大会 第94回選手権愛知大会】
愛工大名電vs至学館【愛知県 2012年夏の大会 第94回選手権愛知大会】
光星学院vs愛工大名電【2012年春の大会 第84回選抜高校野球大会】
愛工大名電vs履正社【2012年春の大会 第84回選抜高校野球大会】
愛工大名電vs宮崎西【2012年春の大会 第84回選抜高校野球大会】

コメントを投稿する

未掲載選手掲示板未掲載選手掲示板