選手名鑑

涌本 亮太 (浦和学院)

応援メッセージを投稿する!
涌本 亮太

涌本 亮太

都道府県:
埼玉
高校:
浦和学院
学年:
2014年卒
ポジション:
投手
投打:
右/右
身長:
174cm
体重:
73kg
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
寸評
 関東大会優勝を決めた浦和学院にとっての当面の課題は全国で戦える投手を見出すことだろう。名門ということもあって、投手の枚数が多い浦和学院だが、1年生中心で経験不足で森監督を悩ませる。その中でエースに近いのは涌本 亮太ではないだろうか。県大会では不調の佐藤 拓也に代わって、主戦格として活躍。関東大会では未登板だったが、浦和学院の投手陣の中では安定してゲームメイク出来る投手であり、自覚を持ってやってほしい投手である。

(投球スタイル)

 浦和学院らしい教科書に載るような綺麗な投球フォームから投じる右腕。右オーバーから投げ込むストレートは常時130キロ~135キロを計測。両サイド・低めに投げることが出来ており、ストレートの制球力は安定している。

変化球は120キロ前後のスライダー、125キロ前後のフォーク、100キロ前後のカーブ。いずれもストライクが稼げて、そして武器になる球種であり、スライダーを使ってカウントを整え、カーブを使ってストレートにアクセントを付けて、フォークは極力使わずにここぞという時に落として空振りを奪っており、投球の幅は広い。

(クイックタイム・フィールディング)

 クイックタイムは1.2秒前後とまずまずのクイックを見せる。牽制はそれほどうまい選手ではない。まだフィールディングの意識が低く、前の打球の詰めの甘さ、カバーリングの甘さが目につく。

(配球)

・右打者
右打者には外角中心・低めにストレート、スライダーを投げ分け、慎重な投球。外角のコントロールも安定しており、投球が組み立てられることを見せてくれた。

・左打者
外角にストレートとカーブを中心に配球を組み立てていき、ストレートを低めについてゴロを打たせる投球を心掛けている。ストレートとカーブのコンビネーションが中心と思いきや、フォークを投げて三振を奪うなど、コンビネーションは完璧であった。

(投球フォーム)

 セットポジションから始動する。左足を真っすぐ上げていき、右足は一本足で立つ。左足をショート方向へ伸ばしていき、お尻を先行して体重移動していくヒップファースト。軸足を折り曲げて体重を乗せて着地する。

 左腕のグラブを真っすぐ伸ばして、左胸に引き込んでおり、左腕の使い方は良い。テークバックは小さく取って、出所を隠し、しっかりとトップを作る。そしてリリース。肘を出して、打者寄りで離していく。リリースから腕の振りまでスムーズに振り抜くことが出来ており、適正な位置でボールを離すことが出来ているだろう。最後のフィニッシュではまだ下半身が出来ておらず、膝が割れているのが気になるが、それほど問題ではないだろう。

 全体的にバランスが取れたフォーム。軸足にしっかりと体重を乗せて、左腕のグラブを上手に使い、コンパクトなテークバックから投げていくフォームは低めの制球力を意識している。後は肉付けして、球速、球威を高めていくことになるだろう。
将来の可能性
 現状はストレートのスピードはないが、下半身強化によりストレートが速くなる可能性はあるだろう。制球力・変化球はこの時期にして一定のレベルに達しており、変化球も頼ることはない。真っ当な本格派で、楽しみな投手であることは間違いない。願わくは試合を決するまで投げてほしかった。同タイプの柳 裕也(横浜)と1年秋と比べると上であると思う。ぜひ来春では成長を実感出来る内容を示してくれることを期待したい。
情報提供・文:2011.12.17 河嶋 宗一
選手名鑑トップへ戻る
【関連記事】
仙台育英vs浦和学院【第95回全国高校野球選手権記念大会】
浦和学院vs川越東【埼玉県 2013年夏の大会 第95回選手権埼玉大会】
浦和学院vs聖望学園【埼玉県 2013年夏の大会 第95回選手権埼玉大会】
浦和学院vs埼玉平成【埼玉県 2013年夏の大会 第95回選手権埼玉大会】
浦和学院vs春日部【埼玉県 2013年夏の大会 第95回選手権埼玉大会】
浦和学院vs前橋育英【2013年春の大会 第65回春季関東地区高等学校野球大会】
浦和学院vs東海大望洋【2013年春の大会 第65回春季関東地区高等学校野球大会】
浦和学院vs山梨学院大附【2013年春の大会 第65回春季関東地区高等学校野球大会】
浦和学院vs日大三【2013年春の大会 第65回春季関東地区高等学校野球大会】
浦和学院vs花咲徳栄【埼玉県 2013年春の大会 埼玉県大会】

コメントを投稿する

未掲載選手掲示板未掲載選手掲示板