選手名鑑

引地 秀一郎 (倉敷商)

応援メッセージを投稿する!
引地 秀一郎

引地 秀一郎pro2018

都道府県:
岡山
高校:
倉敷商
学年:
3年
ポジション:
投手
投打:
右/右
身長:
183cm
体重:
81kg
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

下記写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。

寸評
 ミレニアム世代では最速となる151キロのストレートを投げ込む引地秀一郎。今まで闘将二世として注目を浴びていた存在だったが、年明けにOBの星野仙一氏が逝去。ますます注目を浴びる投手になることは間違いないだろう。

 投球を見ると、常時140キロ中盤は出ていそうな勢いのあるストレートを投げ込む。威力があり、気温が高くなる夏には、140キロ後半ー150キロ前半まで速くなる可能性は十二分に秘めている。制球力については、両サイドへの制球力はまずまず。速球で押すタイプと思われるが、意外にもスライダー、カーブの割合が多く、しっかりとストライクが取れて、ピッチングを構成できる。
最大の長所は上半身の使い方がうまく、鋭く腕が振れる点にあるだろう。ノーワインドアップから始動し、左足を勢いよく上げていきながら、右足の膝を適度に伸ばしてバランス良くたつ。その後、左足を遊撃方向へ伸ばしていきながら膝を伸ばして着地する。

 2年春の投球フォームと2年秋の投球フォームの違いは腕の角度。2年春は振り下ろすことを意識し、テークバックで胸を張り、振り下ろす動きを見せていた。だが、無理に角度をつけており、窮屈さを感じる腕の振りで、負担も大きく感じる。逆に2年秋は、腕の振りを若干下げて、スリークォーター気味で腕を振るようになった。2年秋のほうが、リリースまで無理のないフォームで投げることができており、逆に安定感を感じる。

 まとめると、力量は高校生の右投手では上位にランクインする投手で、春先から高卒でプロに行ける投手なのか、念入りにチェックの対象となるだろう。今年は特別な思いでシーズンに臨むことになるだろう。ただ引地には、チームのエースとして、どうすれば勝利に導くことができるのか。全国の強豪校へ勝てるピッチングをするには何を追求すればいいのかを追求し、ぜひ世代ナンバーワンピッチャーへなることを期待したい。
情報提供:2018.01.06
選手名鑑トップへ戻る
【関連記事】
創志学園vs倉敷商【岡山県 2018年夏の大会 第100回記念 岡山大会】
広島新庄vs倉敷商【2018年春の大会 第130回 春季中国地区高等学校野球大会】
倉敷商vs宇部工【2018年春の大会 第130回 春季中国地区高等学校野球大会】
盈進vs倉敷商【2017年秋の大会 第129回(平成29年度秋季)中国地区高等学校野球大会】
岡山学芸館vs倉敷商【岡山県 2017年秋の大会 秋季岡山県高等学校野球大会】

コメントを投稿する

未掲載選手掲示板未掲載選手掲示板